立教大学 大学案内2019
14/196

立教サービスラーニング(RSL)は、さまざまな社会の現場も“教室”として捉える、新しい学修スタイルの正課科目群(授業)です。立教大学にある10学部の専門分野の先には、誰もが向き合わなければならない社会の課題があります。そのため、その「場」で生きる人々と共に悩み、考え、取り組むといった、学部での専門的な学びを社会の多様な「現実」と深く結びつけ、困難な課題を解決する力を養う必要があります。授業では、事前学習後に一定の期間にわたって、受入機関の支援・指導のもと、社会で生起するさまざまな課題を題材とした学外活動を行います。これらの経験から社会の一員としての責任感や協働のスキルを養います。自由な学修体験LIBERALITY-0414

元のページ  ../index.html#14

このブックを見る