立教大学 大学案内2017
135/192

※主要駅のみ抜粋● 専用寮 ● 推薦寮東武東上線西武池袋線JR山手線東京モノレール東急東横線JR中央線東京メトロ丸ノ内線東京メトロ副都心線東京メトロ有楽町線女子寮ドーミー本蓮沼ときわ台椎名町ひばりヶ丘東長崎新宿上野飯田橋浜松町羽田空港女子寮ドーミー志木立教大学国際交流寮RUID 志木志木和光市秋津立教大学国際交流寮RUID 朝霞台朝霞台下赤塚池袋キャンパス新座キャンパス横浜東京男子寮ドーミーひばりヶ丘男女寮ドーミー東長崎立教大学国際交流寮RIR 椎名町男子寮ドーミー下赤塚渋谷池袋有楽町▼ 学生寮マップ人生で一度は東京に出て、さまざまな価値観、人に触れて成長したいと思い、都内の大学を選びました。現在、地方出身者を対象とした立教独自の給付型奨学金『自由の学府奨学金』を利用していますが、入試前から給付を約束してもらえるので非常にありがたかったです。初めての一人暮らしは、家での会話がなかったり、家事をすべて自分でやらなければいけなかったり、これまでの暮らしと一変するため生活習慣が乱れがちです。そんな時は、自分は何のために東京に来ているのか、なぜ大学へ進学したのか、親の想いなども思い起こして自分を奮い立たせました。洗濯や掃除、家賃の支払い、もちろん大学での学びや、興味のある講演会への参加まで、スケジュールを立てて行動したことで自分自身の管理能力がついたと思います。奨学金は毎年、継続審査があるため勉強に対するモチベーションを保つことができます。また、奨学金採用者との交流会などで他県出身の友人を作れた点もよかったです。大学では教員をめざして教育学を学びつつ、関心のある欧米文化や政治学、外国語教育についても勉強してきました。立教は、学びに限らずサークルやキャリア活動など多くの場が提供されており、自分の好きなことに打ち込める大学です。学びと家事の両立で自分の管理能力が向上。奨学金の審査は、勉強のモチベーションに平均的な月の収入・支出額収 入アルバイト収入55,000円奨学金(自由の学府奨学金/年額50万÷12)41,600円家族などからの援助20,000円計116,600円支 出住居費(光熱水費を含む)53,000円食費25,000円学習資料費10,000円通学交通費2,600円交際費(サークル関連含む)8,000円通信費9,000円服飾費5,000円その他4,000円計116,600円箕浦広志法学部 政治学科 長野県 長野吉田高等学校一人暮らし学生インタビュー新座キャンパスまで自転車で約10分新座キャンパスまで自転車で約16分池袋キャンパスまで徒歩約14分135キャンパスライフ支援学生生活

元のページ 

page 135

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です