立教大学 大学案内2018
133/196

※その他、学部独自の奨学金もあります。海外の協定校等への派遣留学プログラムでは、「在学留学」か「休学留学」を選択することができます(一部の大学間・学部間協定による派遣留学では「在学留学」のみ選択可能です)。「在学留学」では、留学先で修得した単位を本学の卒業要件単位として認定を申請することができ、4年間で卒業することも可能となります。一方、「休学留学」では、卒業に必要な標準在学年数である4年間で卒業することはできませんが、海外留学はもちろん就職活動にも十分な時間を確保できるメリットがあります。各海外研修・留学プログラムでは、プログラムにより学籍と単位認定の扱いが異なります。留学中の学籍と単位認定海外の歴史や文化の理解を深めたい海外の大学生と交流してみたい原則全員が留学する学部/学科もあります!異文化コミュニケーション学部、経営学部国際経営学科、GLAPでは、原則全員が海外留学研修に参加します。▲詳しくは学部・学科紹介ページへ異文化コミュニケーション学部 ..........................................................P.58経営学部国際経営学科...........................................................................P.74Global Liberal Arts Program(GLAP) ......................................P.122※全ての学部が独自の海外プログラムを展開しています。プログラム/一例・ケンブリッジ・サマープログラム(文学部)・Short-term Study Abroad Program In Economics(経済学部)・オックスフォード・サマープログラム(法学部)・「国際協力人材」育成プログラム(全学共通)海外の大学で特定のテーマについて学ぶなど、専門分野の学びを深めることを目的とするプログラムを多数実施しています。プログラムによっては、同時に語学の授業も受けることができます。主に夏休みや春休みに実施され、期間は2週間~半年程度のものまでさまざまです。単位が認定されるプログラムもあります。学部等が主催するアカデミックな海外プログラム韓国・聖公会大学の学生と韓国での共同生活(ホームステイ)を通じて、友情と連帯の関係をつくりあげるプログラムです。日韓キャンプ日中韓3カ国4大学(立教大学、慶應義塾大学、延世大学[韓国]、復旦大学[中国])の学生が集い、英語を共通語に、レクチャー、プレゼンテーション、ディスカッションを通して政治・経済・社会・文化などの理解を深めるプログラムです。2017年は復旦大学の主催で開催されます。リーダーシップフォーラムリーダーシップフォーラム(2016年は慶応義塾大学で開催)海外の歴史や文化に触れることや、海外の大学生や現地の人との交流を通して、自らの視野を広げることを目的としたプログラムです。国際交流プログラム海外企業でのインターンシップや、海外でのサービスラーニング(事前事後学習を伴う、社会で起こるさまざまな課題を題材とした体験学習)など、海外をフィールドに実践的に学ぶプログラムです。期間は2週間~半年程度のものまでさまざまです。単位が認定されるプログラムもあります。また、「国連ユースボランティア」にも毎年学生を派遣しています。海外インターンシップ、サービスラーニング等立教大学では学生の海外留学・海外学習を促すことを目的に、大学間協定による派遣留学生対象の奨学金をはじめとして、学部が実施する海外研修・留学プログラム、認定校留学を対象とする奨学金の充実に取り組んでいます。海外留学する学生を支援するための奨学金立教大学グローバル奨学金本学が実施する海外留学プログラム参加者のうち、経済援助を必要とする者に対し給付する奨学金。基準を満たした者全員に年額10万円~40万円(選考により決定)を支給します。立教大学校友会成績優秀者留学支援奨学金本学が実施する海外留学プログラムへの参加者のうち、特に成績が優秀な者に対し給付する奨学金。対象者には年額10万円を支給します。立教大学国際交流奨励奨学金協定校のうち、自己負担額が大きい協定校(シカゴ大学、コーネル大学)に留学する派遣留学生に給付する奨学金。対象校への候補者となり派遣先大学から入学許可を受けた学生には、申し込みにより一括100万円を支給します。海外で働くイメージをもちたい実践的に学びたい留学先でも単位を取得したい語学力も高めたい学部の専門分野に関わる勉強がしたい学生生活留学・海外研修制度133

元のページ  ../index.html#133

このブックを見る