立教大学 大学案内2019
13/196

未来を拓くキャリア支援。キャリアセンターが独自に企業・行政・団体などと連携し実施する「立教型インターンシップ」のほか、各学部が正課科目として特色のある実習先を開拓している「学部型インターンシップ」、中央省庁や地方自治体が実施する「大学経由型インターンシップ」、個人で自由に応募・参加できる「直接応募型インターンシップ」など、多種多様なインターンシップの選択肢があり、毎年8割以上の立教生がインターンシップに応募しています。※1 2017年3月卒業学生対象実績 ※2 2016年度 卒業時アンケートで「非常に満足」または「満足」と回答2017年3月卒業生の就職希望者の就職率は98.0%※1。多種多様な業種の大手優良企業への就職を実現しています。長年にわたり社会に貢献する人材を輩出してきた結果、就職を希望する3,810名の学生に対し、14,637件の求人が寄せられ、学内で開催される企業説明会には794社もの企業が参加しました。その結果、卒業後の進路満足度は93.9%※2。女子の就職については、毎年9割の女子学生が男女同待遇の総合職に就く結果となっています。キャリアセンター主催の支援プログラムは、年間409回に及びます。3・4年次生を対象とした手厚い就職活動支援はもちろん、1・2年次から自分と社会を知るためのプログラムを多数展開しています。また、10学部それぞれが学部の特徴を生かし、正課および正課外において多様なキャリア支援を行っており、各学部に学部と学生の特性を熟知したキャリアサポーターを配置しています。13

元のページ  ../index.html#13

このブックを見る