立教大学 大学案内2017
128/192

留学・海外研修制度延世・慶應・立教・復旦リーダーシップフォーラム(2015年延世大学開催)東アジア3カ国の4大学(立教大学、慶應義塾大学、延世大学[韓国]、復旦大学[中国])の学生が集い、英語を共通語に、レクチャー、プレゼンテーション、ディスカッションを通して政治・経済・社会・文化など多様な分野への理解を深めるプログラムです。2016年度は慶應義塾大学が主催で、8月に開催されます。▼ 延世・慶應・立教・復旦リーダーシップフォーラム本学協定校である韓国・聖公会大学の学生と韓国での共同生活(ホームステイ)を通じて友情と連帯の関係をつくりあげるプログラムです。▼ 日韓キャンプ立教大学では、池袋・新座両キャンパスに日本人学生と外国人留学生が交流できるグローバルラウンジというスペースを設置しています。グローバルラウンジでは、日常的な異文化交流の促進および海外留学に向けた支援を目的に、外国語で会話を楽しむWorld Café、外国人留学生が自国を紹介するCountry Festa、外国人留学生とともに日本文化を体験する異文化イベント、海外留学経験者による留学体験談、在日公館の担当者による海外留学説明会などのイベントを定期的に開催しています。また、専属のコーディネーターが、将来留学を希望する学生に対して留学先に関するアドバイスや留学プランのサポートを行います。▼ キャンパスでできる国際交流その他実施されている企画(例) ※年度によって変更するプログラムもあります。・新入留学生歓迎会・東京六大学野球観戦・日帰りバスツアー・新座国際交流クリスマスパーティー・大相撲トーナメント観戦立教大学では世界中からの留学生と学べるグローバルな教育環境を提供しています。協定校からの交換留学生など池袋キャンパスで491名、新座キャンパスで107名、合計598名(短期留学生126名を含む)の外国人留学生が本学で学んでいます(2015年10月現在)。そのうち韓国・中国からの外国人留学生がおよそ70%を占めるほか、アメリカ、フランス、ドイツ、デンマークなど36の国と地域から外国人留学生を受け入れています。外国人学生の受け入れ国際交流プログラム派遣留学・認定校留学では、「在学留学」か「休学留学」を選択することができます(ISEP枠は「在学留学」のみ選択可能です)。「在学留学」では、留学先で修得した単位を本学の卒業要件単位として認定を申請することができ、4年間で卒業することも可能となります。一方、「休学留学」では、卒業に必要な標準在学年数である4年間で卒業することはできませんが、海外留学はもちろん就職活動にも十分な時間を確保できるメリットがあります。各海外研修・留学プログラムでは、プログラムにより学籍と単位認定の扱いが異なります。留学中の学籍と単位認定▼ 立教大学グローバル奨学金本学が実施する海外留学プログラムへの参加者のうち、経済援助を必要とする者に対し給付する奨学金。支給基準を満たした者全員に年額10万~40万円(選考により決定)を支給する。▼ 立教大学国際交流奨励奨学金 協定校のうち、自己負担額が大きい協定校(シカゴ大学、コーネル大学)に留学する派遣留学生に給付する奨学金。対象校への候補者となり派遣先大学から入学許可を受けた学生には、申し込みにより一括100万円を支給する。▼ 立教大学校友会成績優秀者留学支援奨学金本学が実施する海外留学プログラムへの参加者のうち、特に成績が優秀な者に対し給付する奨学金。対象者には年額10万円を支給する。立教大学では学生の海外留学・海外学習を促すことを目的に、大学間協定による派遣留学生対象の奨学金をはじめとして、学部が実施する海外研修・留学プログラム、認定校留学を対象とする奨学金の充実に取り組んでいます。※その他、学部独自の奨学金もあります。海外留学する学生を支援するための奨学金海外への留学制度だけではなく、外国人留学生との交流の機会も数多く用意されています。異なる言語や文化の中での学びや生活は、自分の価値観を広げる機会になるだけでなく、グローバルな現代社会をリードする力を養う貴重な経験を与えてくれるでしょう。128

元のページ 

page 128

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です