立教大学 大学案内2019
127/196

データを深く考察する力を身につけ、将来につなげる年次﹇秋﹈の時間割年次﹇春﹈の時間割3年次 静岡県 韮山高等学校長崎 祐磨Student’s VoiceMONTUEWEDTHUFRISAT1234566MONTUEWEDTHUFRISAT12345 本学科での特徴的な授業の1つに、2年次の「実験調査実習」が挙げられると思います。少人数グループで作成する実験計画やさまざまな実験装置の扱い方、グループワークを駆使したデータ収集、実験結果の分析など、心理学実験の基本を学べます。 私がこの学科での学びをとおして成長できたと思うことは、いい意味で「疑い深くなった」ことです。心理学において、得られたデータの信頼性と、その結果の妥当性は非常に重要な関係になることから、データに対してより注意深く観察・考察・分析する意識をもてるようになりました。今後は、心理学科で過ごした4年間で身につけた知識を直接社会で生かすことを目標にしています。直接かかわりのない分野へ進んだとしても、心理学で培った観察力や分析力は、実社会において有益な能力だと思うので、そのためにもこの大学生活を実のあるものにしていきたいです。英語ディスカッション2知覚心理学スペイン語基礎2観光学への招待哲学英語プレゼンテーション2脳と心美学スペイン語基礎2比較認知心理学英語eラーニング心理学概説2統計法2心理学研究法4人権思想の根知覚と身体言説分析スポーツスタディ3(ゴルフ)心理学演習F1犯罪心理学アフォーダンス発達心理学精神医学栄養の科学授業紹介■心理学演習 ■社会調査士関連科目 ■学部英語教育科目 ■短期海外留学プログラム ■心理学特講(海外文化研修) ■卒業論文指導演習 ■卒業研究完成期3■学部統合科目 ■心理学概論2 ■心理学統計法2 ■心理学実験実習1■心理学調査実習1 ■心理学文献講読1・2 ■心理学研究法 ■知覚心理学 ■学習心理学 ■認知心理学 ■発達心理学 ■教育心理学 ■社会心理学 ■産業心理学 ■臨床心理学形成期2■現代心理学入門 ■キャリアと心理学 ■心理学概論1 ■心理学統計法1導入期1PICK UP自身がコメンテーターとなって日常生活や社会問題に切り込む出来事は、どのように記憶される?仲間とともに、実験にチャレンジ■社会心理学 まず基本的な社会心理学の理論を学びます。そして、社会心理学を現実社会のどのような分野に発展させていくことが可能なのかを、職業とのかかわりや対人コミュニケーション、観光行動などをテーマに理解していきます。■心理学実験実習1・2 インストラクターの指導のもと、少人数グループに分かれて、短期記憶、心的回転、NIRSによる脳機能計測などの実験を行います。計画から実施、データ処理、報告書の作成まで、具体的な体験をとおして心理学実験を理解します。心理学科ではどんなことを学べるのですか。Q&A心理学というと、心の病をもつ人たちの相談に応じ援助する公認心理師や臨床心理士など、カウンセリングを思い浮かべますが、旅行やスポーツ観戦など一見心理学とは繋がりのなさそうなテーマが、現代のストレス社会においてはリフレッシュできる大きな手段となっており、心理学の重要なテーマになっています。たとえば、小口孝司教授が提唱する「メンタルヘルスツーリズム」は、観光をとおしてリフレッシュするというもので、旅先の自然と触れ合うことで五感を活性化し、日常生活を違った角度から見つめ直す、そのような“癒やし価値”を意識することで心身の健康に役立つツーリズムのあり方を研究しています。このように、心理学科は幅広い視野・切り口から、専門的実践活動を学んでいきます。現代心理学部 心理学科127▶詳しくはWebサイトへ www.rikkyo.ac.jp/undergraduate/cp/department_01.html上記以外にも多様な科目が展開されています。詳細はシラバス検索をご利用ください。立教シラバス

元のページ  ../index.html#127

このブックを見る