立教大学 大学案内2017
116/192

College of Contemporary Psychology現代心理学部心理学科心のしくみと機能を科学的に探究・理解し、現代社会で生じる心の問題をサポートする能力を養います。「リンゴの色は何か」と尋ねられたら、普通は「赤色」と答えるでしょう。では、「なぜ赤く見えるのか」と聞かれたらどうでしょうか。実は私たちが認識しているあらゆる色は、特定の波長をもつ光が、眼と脳を経由して色へと変換されることで生み出されます。りんごは長い波長の光だけを反射しているから、赤く見えるのです。つまり、りんごそのものが特定の色をもっているわけではなく、その反射光を私たちが色だと感じているだけ。いわば、「色は錯覚」ということもできるのです。一般的な心理学のイメージとはかけ離れているかもしれませんが、これも「知覚心理学」という最も歴史のある立派な一分野。視覚や聴覚といった感覚、また脳の働きを扱い、そこからヒトの心理にアプローチしていきます。りんごの色はなぜ赤いのだろう?知覚心理学/日髙聡太准教授心理学はその背景に哲学や医学、生理学や統計学など、実に多くの研究領域を含む、複合的で多層的な学問です。心理学科では、実験を中心とした科学的方法で心の法則を探究する「基礎心理学領域」、発達、社会、産業心理学など現実社会でのさまざまな課題を考える「応用心理学領域」、心身の健康促進、心理的援助のあり方を探る「臨床心理学領域」の3つを軸に、現代の人間の心について総合的に学習し、多様な社会環境の中で「人間とは何か」を問い直すことのできる、人材の育成をめざします。この学びは心理職だけでなく、一般企業の企画や広報、人事など多くの分野でいかされます。専任教員と演習テーマ・研究分野堀 耕治学習心理学、実験的行動分析小口孝司社会心理学、産業・組織心理学、観光(社会)心理学塚本伸一発達心理学、教育心理学芳賀 繁産業心理学、交通心理学、人間工学林 もも子臨床心理学、精神分析学都築誉史認知心理学、認知科学、社会心理学大石幸二障害児(者)心理学、応用行動分析日髙聡太知覚心理学、実験心理学松永美希臨床心理学、認知行動療法、健康心理学山田哲子臨床心理学、家族心理学中山真里子言語心理学、実験心理学安田みどりコミュニティ心理学、臨床心理学浅野倫子認知心理学、実験心理学心理学界の第一線で活躍する多数の研究者が最新の心理学を講義映像身体学科と協力し合い身体と心理の関係など現代的な問題を探究15の学生実験室をはじめ心理教育相談所など実習・研究設備が充実116

元のページ 

page 116

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です