立教大学 大学案内2019
113/196

多様な領域から「観光」を学び、視野を広げる年次﹇春﹈の時間割年次﹇春﹈の時間割2年次 埼玉県 和光国際高校平山 拓海Student’s VoiceMONTUEWEDTHUFRISAT1234566MONTUEWEDTHUFRISAT12345 観光学部の特徴は、学びの広さにあると感じています。「観光」というものについて、経済や経営、法律など幅広い観点から学びを深めていくことが可能です。1年次の必修科目の学びを経て、2年次からは学習の幅がさらに広がります。映画を観て感想を英語で話し合う講義や、外国からみた日本の文化についてディスカッションを行い、多様な考え方に触れることができる講義など、これまでになかった刺激的な経験を得ることができました。 私は以前から観光学のほかにも、経営学やマーケティングにも関心があったので、自分の学びたいことを複合的に取り組めるゼミを選択しました。ゼミでは、『日経MJ』に掲載される「ヒット商品番付」をもとに、商品がヒットした背景や要因についてディスカッションを行っています。これからもより視野を広げつつ、多角的に学問に励んでいきたいと思っています。英語ディスカッション1経営学観光調査・研究法入門英語リーディング&ライティングドイツ語基礎1早期体験プログラム現代社会と観光生涯学習概論ドイツ語基礎観光概論英語プレゼンテーション社会学1観光事業論観光施設論認知・行動・身体米国欧州観光論※ヘリテージツーリズム論観光地理学人類の進化米国欧州観光論※観光心理学人権思想の根源マーケティング総論言説分析米国欧州観光論※Japanese Study through English演習米国欧州観光論※米国欧州観光論※※集中講義授業紹介■サービス・マネジメント ■環境・景観論 ■演習(3年次)■卒業研究指導完成期3■観光行動論 ■観光経済学 ■旅行産業論 ■宿泊産業概論 ■言語と文化現地研修 ■演習(2年次)形成期2■観光調査・研究法入門 ■観光概論 ■観光史 ■観光事業論■早期体験プログラム導入期1PICK UP海外に行く日本人、日本に来る外国人、観光の仕方に違いはある?現場の声から観光・ホスピタリティ産業の最新動向・展望を理解ダイナミックに変化する旅行産業の実態と課題を学ぶ■観光行動論 人々の心理・行動を理解するうえで必要とされる基礎的な知識を修得し、観光現象やサービス提供場面における心理学的・行動論的な見方を実例に即して学びます。また、ノンバーバル・コミュニケーションやサービスの基礎理論、さらに観光回遊行動の行動特性について理解します。■宿泊産業概論 ホテルの発祥から現在に至るまでの歴史・事業発展過程の実態と、ホテルビジネスの全体像を理解し、ホスピタリティ産業の意味と観光立国における宿泊産業の役割を学びます。講義にはホテル業界経営トップのゲストスピーカーも招へい。生の声を通じて観光産業の最新動向や経営実態に触れることができます。■旅行産業論 旅行業の歴史、旅行市場の現状、旅行会社の経営特性などを概観した上で、個人旅行販売、商品造成(海外・国内)、法人営業、インバウンドの実際について、ゲストスピーカーの解説を交えながら学ぶとともに、旅行産業の各分野における課題と将来の展望について理解します。観光学部 観光学科113▶詳しくはWebサイトへ www.rikkyo.ac.jp/undergraduate/tourism/department_01.html上記以外にも多様な科目が展開されています。詳細はシラバス検索をご利用ください。立教シラバス

元のページ  ../index.html#113

このブックを見る