立教大学 大学案内2019
112/196

専任教員と主な担当科目東  徹 マーケティング総論、 サービス・マネジメント麻生憲一 地域経済学、観光経済学梅川智也 観光政策・行政論、観光地運営管理論小野良平 環境・景観論、風土と観光毛谷村英治 観光施設論、施設・空間造形論庄司貴行 組織と人的資源経営杜 国慶 都市観光論西川 亮 観光調査・研究法入門、 早期体験プログラム野澤 肇 旅行産業論、旅行業経営実務野田健太郎 企業情報分析、ITビジネス論橋本俊哉 観光行動論、観光感性論羽生冬佳 観光計画論、観光事業論韓 志昊 観光特論6(英語)★フックス・ピーター・E 観光ビジネス計画論1・2、 ESP(Investment and Finance)1・2★印は2019年3月退職予定カリキュラムの特徴より高度な国際化教育を無理なく進めるシステム化されたプログラム主に海外フィールドで現地の観光事情や地域の文化を体験的に学ぶ教育プログラムです。地域を熟知した担当教員の指導のもと、タイ、ベトナム、パラオ、フランスなどで実施の予定です。早期体験プログラム(1年次)夏季休暇中に実施する約2週間の研修プログラムです。地域の言語と文化を、現地でネイティヴの教員から学びます。アメリカ、中国、タイ、マレーシアなどの大学で実施の予定です。言語と文化現地研修(2~4年次)実社会への理解を深めるインターンシップ基礎と専門のバランスがとれた講義自ら課題を見つけ解決に取り組む演習卒業生ネットワークと連携した教育実業界の「生の声」を通して学ぶ授業観光学部では国際化や多文化教育をより進めるため、全学で取り組んでいるプログラムに加え、学部独自のさまざまな国際化教育を実施しており、学生たちは国際的感覚を磨くことができます。また、アジアを中心に留学生を積極的に受け入れており、日本にいながらにして異文化を体験し交流を深めることができます。観光学部には3年次を対象とした正課インターンシップ「観光インターンシップ」と「経団連インターンシップ」があります。これらの授業は、実習の準備学習をする事前研修、夏季休暇中の実習、実習の振り返りと成果のまとめをする事後研修、成果発表会や報告書の作成などを通して、観光ビジネスや地域づくりの現場を知り、実社会への理解を深めキャリアに関する意識を高めることを目標としています。観光教育は実務優先と考えられがちですが、観光学科では経営学やマーケティング、経済学や法律など、観光ビジネスや地域づくりをより深く学ぶための基礎知識を身につけるとともに、さらに観光行動論、観光計画論、観光経済学などの専門性の高い講義を用意しています。教員の指導のもと学生が自ら課題を見つけ、文献研究や統計分析、現地調査を行い、活発なディスカッションをとおして自分なりの解決策を導き出すことで、観光をより深く学び、問題解決能力を養っていきます。立教大学はこれまで多くの人材を観光産業に送り出してきました。そうした卒業生が組織する「立教観光クラブ」の協力により、寄付講座やキャリアデザインセミナーなどが展開されます。観光学科では、旅行業やホテル等の経営に精通したプロフェッショナルを特任教授・客員教授として迎え、講義や少人数の演習を行っています。また、観光ビジネスや地域づくりの最前線で活躍している方々をゲストスピーカーとして授業に招くなど、観光ビジネスの実際や経営課題に触れることができます。観光ビジネスや地域振興のあり方を模索し、新しい価値を創造・提供する人材を育成。観光学科観光学部 ■ COLLEGE OF TOURISM身につく力課題を見つけ、解決策を導く力地域づくりのあり方を考え政策を立案する力グローバルな視野をもち、観光産業を革新・リードする力半世紀以上におよぶ立教の観光教育の歴史を継承する観光学科の教育は、「観光ビジネスの経営」「観光による地域振興」という2つの視点で構成されます。具体的には旅行業やホテル、航空会社などの経営や、観光地づくりに関するプログラムを中心に、新しい観光ビジネスや地域振興のあり方を考えていきます。旅行会社やホテルなど、ビジネスの最前線で活躍する方々の生の声から経営を学ぶ機会や、インターンシップなどの実地教育も充実。観光学科が目指すのは、経営やマーケティング、地域計画や行政など、さまざまな側面から新しい観光の姿を構想し、観光ビジネスを革新する人材、地域づくりをリードする人材の育成です。112

元のページ  ../index.html#112

このブックを見る