立教大学 大学案内2018
112/196

福祉学科 人に関わる学問を学びたいと思い、福祉学科に入学しました。授業は1年次から少人数で行われます。先生との距離が近いので直接質問することができ、気づきを得ることでより広い視野が身につきます。また、授業を通して私たちが暮らす社会の中での福祉の重要性を知り、知識を深めたいと考えるようになりました。3年次の実習教育では、現場で福祉の専門性や社会のもつ課題を間近で学ぶことができます。この経験が福祉に関する仕事に就きたいという意思を強くしました。今後は、社会福祉士の資格を取得し、地方自治体での福祉職に活かしていきたいと考えています。講義や実習から、福祉の重要性に気づかされます学生の声4年次 関井章人/埼玉県 川越東高等学校コミュニティ福祉学部College of Community and Human Services福祉学科は、総合学としての社会福祉を学ぶ学科です。現代社会では、質の高い福祉の保障と、福祉社会の形成を担える人材が求められています。福祉学科では、福祉を実践する際に必要な知識や能力を実務経験豊かな教員から獲得することだけに留まらず、福祉の骨格である制度や法律について理解し、社会学や心理学などの専門関連科目も学んでいきます。また、人間福祉に関連する諸学をコミュニティ福祉に位置づけ、幅広い意味での社会福祉を考えます。そして、福祉の専門家であるソーシャルワーカーの養成はもちろん、社会のあらゆる分野で活躍できる人材を養成することを目指します。人間への深い洞察と思いやりを大切に、時代に必要な社会福祉を追究。中学校教員免許、高等学校教員免許、目指せる資格社会福祉士、精神保健福祉士、初級障がい者スポーツ指導員 ▲詳しくはP.144へ地域福祉計画や地域組織化、社会調査の実践力支援が必要な人の社会的な問題を解決する力福祉マインドをもって福祉社会の構築に寄与する力身につく力112

元のページ  ../index.html#112

このブックを見る