立教大学 大学案内2017
111/192

上記以外にも多様な科目が展開されています。詳細はシラバス検索をご利用ください。立教シラバス検索フィールド(現場)感覚に基づいた社会福祉を実現するための提案力を磨く福祉は現場で展開されているという観点から、1年次の「基礎演習」で学びの基礎を修得後、2年次から4年次にかけて発展的にフィールド学習を行います。社会福祉に関する行政・政策など専門科目を幅広く展開福祉学科は、福祉の行財政における国や自治体の役割、高齢社会における社会システム再構築と福祉に関する制度・政策、社会福祉と法など、行政・政策の専門科目も広く展開しています。また、コミュニティ政策学科で開講している行政・政策関連専門科目も履修することができます。カリキュラムの特徴▶詳しくはWEBサイトへcchs.rikkyouniv.jp/?page_id=30国家資格である「社会福祉士」や「精神保健福祉士」の受験資格を得ることができます。福祉学科の専門科目は、福祉問題、福祉制度、福祉政策、相談援助技術などの教育研究領域を柱として、多数の科目が張りめぐらされています。指定の科目をすべて履修することにより、国家資格受験資格を得ることができます。福祉学科では、資格取得への道は開かれていますか。QA福祉の視点から環境整備の大切さを学ぶ●福祉環境論ユニバーサルデザインを基本に、住宅改修、特別養護老人ホームやしょうがい者施設における建築的対応、今後の施設運営の方向などを学びます。また、高齢者やしょうがい者が地域で暮らすことの意味を、住宅や福祉施設と関連づけて、住環境の視点で学習していきます。社会保障の本質・機能・理念を学ぶ●社会保障総論、社会保障論私たちの生活にとって、社会保障は必要不可欠な条件となっています。本授業では、まず社会保障の歴史から労働者・国民の広範な運動が社会保障の発展を支えてきたことを学び、社会保障の理念の変遷をたどってその意義を理解します。さらには社会的排除・運動の課題について学んでいきます。こんな授業があります●ソーシャルワーク論●女性福祉論●医療ソーシャルワーク実践論●児童福祉実践論●地域福祉論●高齢者福祉実践論 理念や発達史など、社会福祉の基礎を修得●現代社会と福祉1社会福祉の基盤となる「現代社会」を考察し、その現代社会における社会福祉のあり方や理念を学びます。また、欧米と日本を中心としたこれまでの福祉の歩みや、今日の生活問題を構造的に分析し、これからの社会福祉の課題について理解を深めます。その他の主な授業もともと「人」に興味があり、福祉をめざしていました。福祉というと高齢者や介護の問題を想像する人が多いですが、私が興味をもったのはいじめや自殺問題です。同時期、福祉にも精神保健の領域や専門の国家資格があることを知り、専門的に学べる立教を選択しました。授業は、実習の準備や事後学習も含めて、2年次の夏頃から始まる一連の実習教育こそが私を最も成長させてくれたと思います。精神保健福祉領域は少人数で、先生方や仲間とじっくり議論し、学び合う機会をもつことができます。また実習をとおして得た疑問や課題が、卒業研究のテーマにもつながりました。今の目標は、精神保健福祉士国家試験に合格すること。先生方は資格取得のサポートもしてくださり心強いです。卒業後は地元の静岡県にもどり、行政機関で精神保健福祉相談員として働く予定です。実習教育で心身ともに成長し、将来への道筋をつかむ4年次 野村歩美/静岡県 加藤学園暁秀高等学校各自が設定した課題に対する答えを1年間かけて研究し、4年間の学びを“形”にします。4年次卒業研究児童養護施設や病院、精神科病院、福祉事務所など、社会福祉の現場で実習を行います。3年次以降福祉現場実習・相談援助演習・インターンシップなど各種社会福祉施設でのプログラムや、「地域社会」を、あるく・みる・きくなど、クラス単位で福祉現場の実践活動に参加します。2年次福祉ワークショップ・社会福祉援助技術演習1、2・精神保健福祉援助演習(基礎)など福祉情報の重要性を理解し、展望を考える●福祉情報論福祉サービスや福祉活動など、さまざまな局面で「福祉情報」が利用・活用されるようになってきた現代。その背景と、実際の情報システムの使われ方、実践する際の考え方、現状と課題などについて、地域福祉推進の側面を重視しながら学習していきます。コミュニティ福祉学部では、毎年11月に福祉課題やコミュニティ政策、スポーツウエルネスに関する学びの場「学内学会」を開催しています。在校生、卒業生、教員が大学に集い、運営は、卒業生の運営委員とともに、現役の学生、大学院生があたります。卒業生にとっては、リカレント教育の場でもあります。全体会で現場経験の長い実践者や研究者の講演を聞き、分科会・座談会で意見を交換し合います。先輩の報告を聞き、討論に参加することで、授業とは違った学びを体験し、人とのつながりを得られます。コミュニティ福祉学部「学内学会」TOPICSコミュニティ福祉学部福祉学科111

元のページ 

page 111

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です