立教大学 大学案内2017
110/192

College of Community and Human Servicesコミュニティ福祉学部福祉学科人間への深い洞察と思いやりを大切にこれからの時代に必要な社会福祉を追究します。「福祉」と聞くとまず何を思い浮かべますか。「高齢者介護」と答える方が多いのではないでしょうか。実は、私達が生活しているところには必ず、人々を幸福にするための「福祉」があります。福祉学科には、人間の生活に関わる幅広い分野の科目があり、それらを学べば、「福祉」=「高齢者介護」という考え方がいかに狭いかがわかってきます。座学と、フィールドワークを行う演習、福祉施設・機関での実習等を繰り返すことで、社会問題は他人事ではなく、自分にも関わる問題だと実感できるでしょう。そして真剣に課題に向き合えば、自ら解決策を考える知恵がつき、「人に寄り添って考える」ようになります。これは、福祉に関わる仕事に就くか否かにかかわらず、社会で働くうえで不可欠な能力です。知識と知恵をもたらす現場とつながる学び高齢者福祉論/長倉真寿美准教授福祉学科は、総合学としての社会福祉を学ぶ学科です。現代社会では、質の高い福祉の保障と、福祉社会の形成を担える人材が求められています。福祉学科では、福祉を実践する際に必要な知識や能力を獲得することだけに留まらず、福祉の骨格である制度や法律について理解し、社会学や心理学などの専門関連科目も学んでいきます。そして、人間福祉に関連する諸学をコミュニティ福祉に位置づけ、幅広い意味での社会福祉を考えていきます。福祉の専門家であるソーシャルワーカーの養成はもちろん、社会のあらゆる分野で活躍できる人材を養成することをめざします。専任教員と担当科目浅井春夫★児童福祉論、セクソロジー ほか飯村史恵権利擁護と成年後見制度、福祉マネジメント論 ほか芝田英昭社会保障論、介護保険論 ほか杉山明伸医療福祉論、精神保健援助技術総論 ほか松山 真ソーシャルワーク論、医療ソーシャルワーク実践論 ほか結城俊哉障害者福祉論、ノーマライゼーション論 ほか湯澤直美家族福祉論、ジェンダー論 ほか平野方紹公的扶助論、現代社会と福祉1・2 ほか長倉真寿美高齢者福祉論、ケアマネジメント論 ほか岡田哲郎基礎演習、実習指導 ほか柴崎祐美基礎演習、実習指導 ほか支援が必要な人々の潜在能力を引き出すための理論と実践を学べる福祉現場での経験豊富な教員による実践的な学びができる「福祉マインド」をもって福祉社会の構築に寄与する★印は2017年3月退職予定110

元のページ 

page 110

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です