立教大学 大学案内2019
107/196

年次﹇春﹈の時間割年次﹇春﹈の時間割小山 優衣Student’s VoiceMONTUEWEDTHUFRISAT1234566MONTUEWEDTHUFRISAT123453年次 長野県松商学園高等学校知識の幅を広げることで国際問題への考え方が、より明確なものに 国内外のさまざまな地域で、今もなお起きている政治問題や紛争問題。なぜ起きたのか、どのようなプロセスを経て解決に至るのかを深く学びたいと思い、法律と政治の両方の分野が学べる本学科に進学しました。 最も興味深かった授業は「国際政治」です。グローバリゼーションが生んだ現代の国際的な政治問題と紛争について、人権問題も含めて多角的に研究することができました。さらに、授業で学んだことを掘り下げるために、国際政治のゼミにも所属しています。ゼミでは普段の授業では取り扱わないさまざまな文献を読み込むので、多くのインプットをすることで知識の幅が広がり、国際問題に関する自らの考えを以前より明確にできたと感じます。今後は学部の留学制度を利用して、さらにグローバルな視点を身につけつつ、問題を解決する糸口を学んでいきたいと考えています。スペイン語圏の文化社会調査法グローバルイシュー各論世界経済と日本スペイン語英語ライティング法学入門基礎文献講読グローバル共通教養総論英語プレゼンテーション歴史と資料スペイン語英語ディスカッション1政治学入門手続法概論1グローバル社会における法と政治英米法1手続法概論2社会運動論国際政治演習知的財産法憲法A行政学1歴史学への招待刑法総論授業紹介■国際ビジネス法総合 ■国際私法 ■国際民事手続法 ■環境法 ■金融取引法 ■演習 ■法政外国語演習 ■演習論文完成期3■商法 ■労働法 ■租税法 ■知的財産法 ■経済法 ■国際経済法 ■英米法 ■法学基礎演習 ■オックスフォード・サマープログラム形成期2■法学入門 ■政治学入門 ■基礎文献講読 ■法政ゲートウェイ講義 ■憲法 ■民法 ■刑法導入期1PICK UP海外でモノを売るのは大変? 実際のトラブルを例に解決法を探る外国人と結婚したら、どちらの国の法律を守るべきか■国際ビジネス法総合1 日本企業が、台湾に製品を輸出する、ドイツの企業と契約を結ぶ、オランダで子会社を設立する、アメリカの裁判所で訴えられる。こうした国際的な取引や紛争の場面では、どのような問題を想定し、どのような法的知識とビジネス・センスをもって、どのように対処すればいいのだろうか。この授業では、世界各地で集めてきた、契約書、裁判手続の書面、判決など、現場の素材を使って授業をします。民法、商法、国際私法、租税法、英米法と専門分野の異なる教員が分担で教えます。■国際私法 日本人と外国人が婚姻する場合や、日本と外国の企業が契約を締結する場合、何法に従えばよいのか。国際私法とは、国ごとに法制度が異なる国際社会の状況のもとで、国際的な法律関係をどのような準拠法で規律するかを定める法で、抵触法とも呼ばれています。本授業は、国際取引の実務に携わるゲストスピーカーとの合同講義を織り交ぜながら、わが国の国際私法の基本構造を学びます。国際ビジネス法学科の授業はすべて英語で行われるのですか。Q&A法学部では、英語で学ぶ「演習」や「法学特殊講義」が複数展開され、英語、ドイツ語、フランス語、中国語、朝鮮語など外国語で行われる「法政外国語演習」も開講されています。「オックスフォード・サマープログラム(法学部合同講義)」も、英語漬けの4週間です。他にも「英米法」や「外国法」など、外国語に接する講義も多彩に展開しています。ただし、国際ビジネス法学科でも、日本法の科目は基本的に日本語で行われます。法学部 国際ビジネス法学科107▶詳しくはWebサイトへ www.rikkyo.ac.jp/undergraduate/lp/department_02.html上記以外にも多様な科目が展開されています。詳細はシラバス検索をご利用ください。立教シラバス

元のページ  ../index.html#107

このブックを見る