立教大学 大学案内2018
104/196

 観光学科は、経済学や経営学、心理学など、幅広い学問分野から観光について学びます。異なる視点から観光を理解すると知識の幅が広がり、物事を多様な視点で捉えられるようになります。おすすめの授業は1年次の「早期体験プログラム」で、私はフランスへ赴き、座学で得た知識を現地で実践し検証する学びの楽しさを知りました。2年次からのゼミナールでは、協同学習を通して自分で考えて発信する力を養うことができ、着実に成長していることを実感しています。今後も、さまざまな学びから問題の本質を理解し、解決できる能力を身につけていきたいと思っています。実践的な授業で、自ら考え発信する力がつきます中学校教員免許、高等学校教員免許、目指せる資格社会調査士、旅行業務取扱管理者 ▲詳しくはP.144へ観光学部College of Tourism観光学科観光ビジネスや地域振興のあり方を模索し、新しい価値を創造・提供する人材を育成。半世紀以上におよぶ立教の観光教育の歴史を継承する観光学科の教育は、「観光ビジネスの経営」「観光による地域振興」という2つの視点で構成されます。具体的には旅行業やホテル、航空会社などの経営や、観光地づくりに関するプログラムを中心に、新しい観光ビジネスや地域振興のあり方を考えていきます。旅行会社やホテルなど、ビジネスの最前線で活躍する方々の生の声から経営を学ぶ機会や、インターンシップなどの実地教育も充実。観光学科が目指すのは、経営やマーケティング、地域計画や行政など、さまざまな側面から新しい観光の姿を構想し、観光ビジネスを改革する人材、地域づくりをリードする人材の育成です。学生の声2年次 高井慶士/石川県 金沢錦丘高等学校課題を見つけ、解決策を導く力地域づくりのあり方を考え政策を立案する力グローバルな視野をもち、観光産業を変革・リードする力身につく力104

元のページ  ../index.html#104

このブックを見る