立教大学 大学案内2018
100/196

問題解決の糸口を探る過程が、将来の基盤になります 幼い頃からテレビのニュースをよく観ていて、特に衝撃的だったのが北朝鮮の拉致事件です。なぜ起こるのか疑問を抱き、国内外の出来事について本質を知りたいと思い、政治学科を志望しました。立教は、各地域に精通した先生から知識と現状を学ぶことができ、見識を広められます。私はアジア政治の演習に参加していて、研究では中国との向き合い方、頻出する領土問題など、答えの定まらない問題にぶつかることも多々あります。深く掘り下げて解決の糸口を探る過程が、確かな知識の獲得につながり、将来、私たちが直面する課題を解決するための知恵を育んでいると感じます。法学部College of Law and Politics学生の声3年次 宮川賢志/香川県 高松北高等学校政治学科政治という人間の営みについて考え、未来を構想する力を身につける。なぜ戦争はなくならないのか、なぜ世界には豊かな国と貧しい国があるのか、なぜ多くの人々が望ましいと思う施策が実現されないのか。政治学の出発点は素朴な、しかし切実な疑問の中にあります。政治学科が目指すのは、こうした疑問に対する模範解答を手に入れることではなく、私たちが抱く疑問を社会や世界の中で解いていくための知識と方法を学ぶことにあります。そのために、日本やアジア、欧米など世界の政治の仕組み、歴史や文化的・思想的背景、行政と政策、地方自治、国際政治、環境などを幅広く学習し、その学びを通じて情報を分析する力、問題を考え抜く思考力を身につけます。目指せる資格政治と社会を深く分析する力現代社会の多様な問題を見極める政治的視座社会で役立つ的確な判断力と問題発見・解決力身につく力中学校教員免許、高等学校教員免許 ▲詳しくはP.144へ100

元のページ  ../index.html#100

このブックを見る