神戸学院大学 大学案内2018
88/172

グローバル・コミュニケーション学科グローバルな現場で通用する力を育む3つのコースを設置英語コース中国語コース日本語コース(外国人留学生対象)本学科では学びたい言語別に3つのコースを設けており、1年次からそれぞれのコースに分かれて実践的な言語コミュニケーション能力、および言語圏に関する文化などを専門的に学びます。またその一方で、3コース合同の科目も配置。これにより、キャンパス内にいながら留学生と机を並べて学び、ごく自然に国際交流が行える環境を実現しています。一人ひとりが発信力を身につけるために、本学科では1年次の「入門ゼミナール」において、各ゼミナールが自分たちの意見を主張するポスタープレゼンテーションを行っています。神戸学院大学附属高校の特進グローバルコースの生徒にも参加してもらってプレゼンの評価を行い、主張に対し、いろいろな立場からの意見を聞く機会にもなっています。国際取引など、グローバルビジネスで通用する優れた英語コミュニケーション能力を培います。英語教員など指導者の道もめざすことができます。英語コース、中国語コースの全員が3年次前期の一学期間、海外の提携大学などへ留学します。現地では単に語学の授業を受講するのではなく、政治・経済・文化などの専門講義を、世界から集まった留学生と一緒に受講するハイレベルな学修環境を提供します。学生たちは一学期間でさまざまな刺激を受け、帰国後には自分が学んできたことを全員の前でプレゼンテーションします。附属高校の生徒も参加してポスタープレゼンテーション一人残らず海外へ!世界の学生たちとともに学ぶ3年次前期の全員留学中国語の運用能力を高め、中国社会と文化についての知識を学び、顕著な経済成長を遂げるアジアでビジネスを動かしていく力を身につけます。日本の企業で働くことをめざす留学生に向けて、実用的な日本語修得を支援します。就職に役立つ基本的な能力養成もめざしています。グローバル・コミュニケーション学部 グローバル・コミュニケーション学科UNIQUE日本語コースの留学生が、ポートアイランドキャンパス近隣の港島学園を訪問し、交流授業を行いました。留学生は自国の文化や自分自身の生活について紹介し、中学生からは中学校の生活や流行などについて紹介してもらいました。交流活動を通して、留学生は日本理解を深めると同時に、中学生の国際意識を高めることにも貢献しました。国際化が進む神戸学院大学、そして本学科のアピールにもなりました。留学生が近隣の中学校を訪問中学生と「出前で国際交流」087

元のページ  ../index.html#88

このブックを見る