神戸学院大学 大学案内2018
76/172

篠山市を実際に歩き、じっくりと調べて、地場産業と暮らしを学ぶ神原ゼミ・金子ゼミの学生たちは、兵庫県篠山市の地場産業や文化継承を調査するために、現地で実習を行っています。調査当日、午前は「陶の郷」で陶芸について学び、午後からはゼミごとに分かれて調査を実施。神原ゼミは「陶芸」「酒造」「カフェ」「スイーツ」の班に分かれてインタビューを実施し、金子ゼミはボランティアガイドの方に篠山の城下町を案内してもらい、文化継承について学びました。株式会社ブルボンと提携してお菓子の食べ方の提案に挑戦。ブルボン社のゼリー商品である「フルじぇら」の試食会を実施。ヨーグルトやきな粉、醤油までも用いて創意工夫を重ねた食べ方を提案し、試食会後はブルボンの社員の方々に、試食会を通して気づいた「フルじぇら」の長所短所などを報告しました。(株)ブルボンとコラボして新しいお菓子の食べ方を提案地域×若者×ICT。ドキュメンタリー映像などで兵庫県神河町の町おこし現代社会学部 現代社会学科現代社会学科UNIQUE兵庫県神河町と連携し、地域活性化をめざすアクティブ・ラーニング〈神河プロジェクト〉に取り組んでいます。岡崎ゼミでは、自分たちがとらえた神河町の魅力を広く伝えるために、アーティストとコラボして音楽・映像作品を制作。YouTubeにて全作品を一般公開しました。また一連の現地実習の成果を報告するため、神河町長をはじめ神河町の方々とインターネット中継を結び、神戸学院大学にて「地域×若者×ICT~《神河プロジェクト2016》の挑戦」を開催。神河町のみなさんと学生たちが、スクリーンを通して活発な意見交換を行いました。075

元のページ  ../index.html#76

このブックを見る