神戸学院大学 大学案内2018
70/172

心理学部 心理学科公認心理師完全対応カリキュラムでこころの問題に向き合う専門性を養成特定の領域を設けず、幅広い領域を網羅的に学んで課題解決に役立つ多様な視点を身につけるのが、神戸学院大学の心理学科の特長。心理学入門実習ではその広範な領域を見渡して、学びの全体像をつかみます。2年次からは心理学のさまざまな専門科目を履修し、知識を深く掘り下げていきます。また専門知識を学ぶ上で、次に重要になるのが実践力です。こころの問題にアプローチするために、保育園や病院などの施設を訪れ、実習形式の授業を実施。より多くの実習を取り入れることで、現場で生きるスキルの修得をめざします。卒業後は、省庁関係・病院・警察官・消防職員・教員・一般企業など幅広い分野への就職実績があり、公認心理師をめざす人には、大学院での学びを含めた万全なバックアップ体制を用意しています。4年間の学びのステップ講義科目演習科目実習科目基礎科目○心理調査概論行動科学概論○心理学入門演習I○心理学入門演習II○心理学基礎演習I○心理学基礎演習II○心理学入門実習I ○心理学入門実習II ○心理学入門実習III○心理学入門実習IV ○心理学入門実習V ○心理学入門実習VI○印の科目:履修必修科目 (配当された年次において必ず履修)実習の授業を取り入れながら、心理学の基礎を学び、興味を深めます導入的な専門科目を履修し、各分野の学びの土台を築きます本格的な実習・演習を織り交ぜ、各自の専門知識をさらに深めます卒業論文の作成に着手し、4年間の学修の総仕上げを行います1年次2年次3年次4年次第1セメスター第2セメスター第3セメスター第4セメスター第5セメスター第6セメスター第7セメスター第8セメスター感情が人の行動に及ぼす影響について学び、日常生活において感情の機能をどのように活用すれば良いかを理解します。069

元のページ  ../index.html#70

このブックを見る