神戸学院大学 大学案内2018
5/172

実践で「こころ」を総合的に理解し、社会で活躍できる人物を養成「こころ」を総合的・多面的に理解心理職初の国家資格「公認心理師」とは?心理学に関する専門的知識と技術を備え、労働・産業分野、医療・保健分野、教育分野、福祉分野、司法分野などにおいて、サポートを求める方の相談に応じたり、助言や指導などを行う専門資格。心の健康にかかわる知識の普及のための教育や情報提供の仕事も行います。2015年に心理職初の国家資格として創設され、いま急ピッチで法整備が進められています。公認心理師の国家試験を受けて合格し、登録すると公認心理師を名乗ることができます。受験の条件として、公認心理師のカリキュラムを提供する大学および大学院で学ぶことが必要です。生物学的基盤こころ心理医療福祉教育産業司法社会文化的機構「こころ」の理解には、それを支える身体のしくみや社会とのかかわりを学ぶことが重要です。心理学部では、感情や認知、発達といった従来の心理学的科目に加えて、人に対する生物学的理解や社会文化的側面から多面的にアプローチ。「こころ」を総合的・多面的に理解します。心理学部の4つのポイント医療機関の心理士企業内のカウンセラー福祉分野の心理士企業のマーケティング担当企業の人事・教育・研修担当地方公務員の一般行政職高校(公民)の教諭スクール・カウンセラー法務省の法務技官(心理)・法務教官家庭裁判所の調査官警察官Point 1地域で「社会参加する心理学」を実践心理学部には、「社会参加する心理学」を実践する実験実習やフィールドワークの機会が豊富。医療、福祉、教育、産業、司法の各分野の学外実習なども実施し、幅広い知識やスキルを修得します。Point 2多様な社会で活躍できる人材を育成心理学は、こころの働きや行動を研究対象とするため、大変実践的な学問です。心理学部では、総合大学としての利点を生かした多彩な科目の学修により、多様な職業に対応する人材を育成します。Point 3心理系の専門職につながる学びを修得国家資格である公認心理師試験の受験に必要な科目を学ぶことができます。これらの学びは卒業後に必要な知識を付加することで、言語聴覚士や精神保健福祉士など心理学にかかわりの深い専門職をめざす時に役立ちます。Point 4004

元のページ  ../index.html#5

このブックを見る