神戸学院大学 大学案内2018
24/172

地域に一歩踏み込んだKOBEでの学びは、社会でどう生かされていますか?神戸学院大学で地域と深くかかわりながら学んだ先輩たちは、卒業してからどんなふうに自分の力を生かし、社会で活躍しているのでしょうか。どのような地域とのつながりを築いているのでしょうか。9人の卒業生たちのいまの職場を訪れ、自分の仕事にどう向き合っているのかを尋ねてみました。正しく伝える力を大切に、信頼される薬のスペシャリストとして成長中神戸学院大学のOB・OGに聞きました。 楠田 かおり薬学部薬学科 2012年卒業医療技術の進んだ神戸市で働きたいという思いから、神戸市立医療センター中央市民病院に就職しました。現在、調剤業務と病棟業務にあたっています。私の担当する病棟では、多くのがん患者が入院し、薬物治療を行っています。患者さまが理解し、納得して治療が行え、安全かつ楽に治療が進められるよう薬剤師としてサポートしていくのが私の仕事です。そのためには、患者さまごとに適した服薬指導を行うことも大切ですし、必要に応じて医師に処方提案も行います。医師や看護師から薬の相談を受けることも多々あり、薬の専門家として正確で的確な情報提供が求められます。また、多職種がお互いの専門性を生かして取り組むチーム医療では、NST(栄養サポートチーム)のメンバーとして患者さまの栄養面でも貢献できるよう努めています。大学時代に学んだ知識や経験はいまでも、とても役立っています。今後はより幅広く知識を身につけ、医療スタッフや患者さまの信頼に応えたいと思います。地方独立行政法人神戸市民病院機構神戸市立医療センター中央市民病院病院薬剤師023

元のページ  ../index.html#24

このブックを見る