神戸学院大学 大学案内2018
144/172

私は旅館業界で働きたいという志望を早い段階で決めていたので、スムーズに就職活動をはじめられたと思います。3年次の夏には、「ホテルニュー淡路」と「星野リゾート」のインターンシップに参加させていただき、やっぱり接客の仕事はおもしろく、自分のめざす進路はこの業界しかないと確信しました。具体的に就職活動を進めていく上で課題だったのは面接対策ですね。最初の面接では緊張して自分のことを何も伝えることができませんでした。しかし大学での面接練習や、実践で場数を踏んだ経験が徐々に蓄積されて、少しずついいたいことがスッと話せるように。お客さまに喜んでもらうのがうれしいという想いをしっかり語り、内定につなげることができました。㈱加賀屋 内定就職活動は自分を磨く機会です。面接を繰り返し、自分の意志が明確にサービス 人文学部 人文学科 4年次生 中村 遼太 (兵庫・県立西宮高校出身)住宅メーカーを志望していましたが、その中でも積水ハウスは、人を中心に考えた家づくりの理念が素晴らしく、一番就職したい企業でした。でもどうすればこの企業に選んでもらえるだろう。考えた末、以前からインテリア全般に興味があり、普段からショップを訪れて知識を磨いていることや、災害に強い家に興味を持って勉強していることなどを伝えていこうと思いました。そこで自分の想いをエントリーシートに書き込み、それをキャリアセンターの方に繰り返し添削してもらって、より伝わるように研ぎ澄ませていきました。面接でも自分の想いをしっかりと語るように努めました。内定をいただけたのは、そんな熱意が面接官に伝わった証拠だと思います。積水ハウス㈱ 内定建築に対しての熱意が伝わったのが、内定を獲得できた理由だと思います営業 経済学部 経済学科 4年次生 浅本 和希 (和歌山・県立新宮高校出身)以前から人の役に立つ仕事がしたいと思っており、公務員の道へ進むことを決意。公務員の中でも、特に地域の人を支える機会が多い警察官をめざすことに決め、故郷に帰って人々の暮らしを守りたいと石川県警察を志望しました。3年次からは公務員試験対策講座を受講して本格的な対策をスタート。アルバイトも辞めて勉強に集中し、キャリアセンターの面接対策にも参加しました。こうした大学の手厚いサポートのおかげで私は夢をつかむことができました。学生スタッフ「オーキャンズ」の活動やインターンシップを通じて培った対人力や講座の先生方からのアドバイスにより、面接で飾らない素直な自分を出せたことも成功のカギだったと思います。石川県警察 内定自分の素直な想いを伝えることができ、地元で警察官として働けることに警察官 経営学部 経営学科 4年次生 森 晴菜 (石川・県立羽咋高校出身)私が企業面接の際にアピールしていたのは、学生スタッフ「オーキャンズ」の経験です。これはオープンキャンパスで神戸学院大学を訪れた高校生に、大学を案内し、魅力を伝える団体活動ですが、私は1年次から参加し、そこでいろいろな成長を得ました。特にセレモニーの司会を務めさせていただいたことが大きかったですね。いまでは大きな舞台でも焦らず話せますし、全体を見ながら臨機応変に進行することもできます。そして何よりも、何事に対してもためらわず前向きに取り組んでいく度胸を身につけられました。面接ではその点を強くアピールし、内定をいただくことができました。神戸学院大学の4年間は私の可能性を大きく広げてくれたと思います。西日本旅客鉃道㈱ 内定いろいろ挑戦してきた4年間が私の可能性を広げてくれましたプロフェッショナル採用 経営学部 経営学科 4年次生 宇戸 遥香 (兵庫・県立明石西高校出身)内定者VOICEめざす進路を実現した先輩たちが、就職活動の「決め手」を語る!143

元のページ  ../index.html#144

このブックを見る