神戸学院大学 大学案内2018
140/172

研究職に進むには、具体的にどんなふうに就職活動を進めていけばいいのかがわからず不安でした。進路ガイダンスで自分の将来の探し方を教わりました!1年次から、未来の自分を考える。段階的なキャリア指導で「なりたい自分」への道を応援します。● 高校生までと大学生の違い● 世の中のことを考えよう● 大学生活と自己責任● ロールモデルから学ぶ● 体験学習(コンビニ経営)● ディスカッションの心構え● 目標実現までのプロセス● キャリアデザインマップ作成 など1年次2年次卒業前年次卒業年次就業力科目就職ガイダンス進路ガイダンスインターンシップ学内合同企業説明会同窓会主催就職支援業界研究セミナー個別指導(就職相談など)卒業後に備えて準備する進路ガイダンス。キャリアセンターのスタッフがエントリーシートの添削や面接の指導など幅広く対応。内 定入学時からのキャリアサポート周囲のアドバイスで、研究職という狭き門を突破できました就職活動では、周囲の人たちにおおいに助けられました。研究室の先生には就職先企業の候補をいろいろ教えていただきましたし、面接で何をアピールすればよいかという自己分析では、自分より家族や友だち、先生の方が客観的に私を見てくれているので、その意見を参考にしました。私には「苦手なモノにこそ挑戦する」という長所があるのですが、面接でそこを伝えていこうと方針を決められたのはみんなのおかげです。内定をいただいたライオンは東証一部上場企業ですし、特に研究職での採用となれば余計に条件が厳しいのですが、的確なアドバイスのおかげで採用試験を突破することができました。入社後は中国語のスキルも生かしてグローバルに活躍したいです。薬学部 薬学科 6年次生 古沢 真琴 (兵庫・神戸学院大学附属高校出身)ライオン㈱ 内定1・2年次には、将来の自分自身の可能性を拡大する学生生活の過ごし方を指導。卒業前年には、実際の就職活動に備え、就職に必要なノウハウなどの実践的なガイダンスを実施。最終学年では個別相談や学内合同企業説明会などの企業等との出会いの場を提供し、入学から社会に飛び立つまでをフォローしています。内定者の声内定までのステップ139

元のページ  ../index.html#140

このブックを見る