神戸学院大学 大学案内2018
14/172

みんなが興味を持っている「食」をテーマにやってみたくなる防災活動を提案していこう「しなきゃいけない」ではなく、「やってみたくなる」防災を防災女子の本格的な活動の第一歩となったのは、神戸市危機管理室と共催した「Girls Party非常食系女子」というイベントです。この時は結成されたばかりのメンバーでアルファ化米、缶詰など賞味期限が近づいた非常食を使って、チャーハン、オムライス、サンドイッチなど約20種類の料理をつくり、非常食がおいしく食べられる料理になるように工夫を凝らしました。最初は女子ならではの視点を生かした防災提案は何かと考え、みんなの関心が高い「食」をテーマに活動してみよう、とスタートを切ったわけですが、これがやがて「ローリングストック」の提案としてより具体化されていきます。「災害時に、備蓄していた食料が期限切れで食べられない状態になっていたら困りますよね。ローリングストックというのは、備蓄している食材をときどき普段の食事で使って、消費した分をまた買い足すことで常にフレッシュな備蓄を可能にする提案なんです」と岡本さんは語ります。確かに非常食の賞味期限切れという課題には気づいていない人も多く、また非常食を普段の食卓で食べようと考える人も少ないため、防災女子のこの提案は多くの人に「こういう防災の工夫もあるのか」という気づきを与え、「自分もやってみたい」と考えるきっかけになっているようです。2015ハーバーランドの日「ぼうさい&かがくフェスタ」。013

元のページ  ../index.html#14

このブックを見る