神戸学院大学 大学案内2018
139/172

学生自身が自ら考え行動し、就職への意識を高める「就活塾」大手・業界トップクラスの企業への入社など、より高い目標を描く学生を全力でバックアップする就活塾。ここに集まった塾生たちは、社会から求められる人間になるため、自分たちで企画を立て、それに向かって日々努力することにより主体性・協調性・チャレンジ精神を実地で養うプロジェクトと、外部講師による就職活動に特化した講座・模擬演習の二本立てプログラムを実践することにより、目標達成をめざしています。卒業の前々年度の入塾選考からスタート入塾選考入塾選考はじめて体験したブレインストーミングの様子。意見をまとめて発表。他チームからもおもしろい意見が。入塾前はSPIの対策などをする勉強の場かと思っていましたが、実際に参加してみると、自分の頭でものごとを考える訓練をする機会が多かったです。例えば、「3万円の鉛筆を売る方法を考える」などの課題が与えられ、みんなが個々の考えを発表していきます。最初はそれが就活にどう結びつくの?と思いましたが、優れた人は与えられた条件の中で人を惹きつける意見を出し、驚かされます。自分の未来を自分で実現していくためには、私にもこういう思考力が大切なのだと気づかされました。今後は卒業生の話を聞く機会も用意されていますし、就活塾のさまざまな機会を最大限に生かして自分を高めていきたいと思います。就職対策マニュアルを覚える場ではなく、自分の頭で考え、行動する力がつけられます経済学部 経済学科 3年次生 河野 江里(徳島・県立脇町高校出身)就活塾生インタビュー就活塾プログラム就職活動個別相談内定を得て、就活終了後は後輩たちへのアドバイス等外部講師の講義● 全10回の講義● 模擬面接● 模擬グループディスカッション● 各種模試を受験合宿新たな入塾生を加えて、下級生とともにプロジェクト。合宿プロジェクトを通して、主体性・協調性・チャレンジ精神を養う。卒業前々年度卒業前年度卒業年度138

元のページ  ../index.html#139

このブックを見る