神戸学院大学 大学案内2018
134/172

スポーツサイエンス・ユニットスポーツを多面的に学ぶ、副専攻的な教育プログラム神戸学院大学ならではの独自の取り組み「スポーツサイエンス・ユニット」は、法学部・経済学部・経営学部・人文学部・現代社会学部に入学した学生が、学部の専門分野を学びつつ、スポーツについて理論と実践を多面的に学ぶことができるプログラムです。2年次から選択が可能で、大学でもアスリートとして活動を続けたい人、学部だけでなくスポーツも専門的に学びたいという人にとって有意義な学びの場を提供します。学びのポイント取得できる資格・受験資格学修システムスポーツサイエンス・ユニット専門科目●インストラクター●地域スポーツ指導員●公務員●スポーツ産業●健康・教育産業 などスポーツサイエンス・ユニット専門科目スポーツの専門的知識や技術を学びながら、地域社会とのつながりの中で実践的な指導法やコーチング方法、トレーニング指導法などを修得。スポーツの現場での即戦力の養成をめざします。1年次2年次3年次4年次法学部経済学部経営学部人文学部現代社会学部※ 時間割の都合により、前期・後期が入れ替わる科目があります。 ※ 青色字は必修科目です。※ 上記カリキュラムの内容は2017年度のものです。2018年度は変更される場合があります。1年次2年次3年次4年次主要実習科目実習科目演習科目第1・第2セメスター第3セメスター第4セメスター第5セメスター第6セメスター第7セメスター第8セメスタースポーツ社会貢献実習スポーツ実技実習Aスポーツ実技実習Bトレーナー実習スポーツマッサージ実習Ⅰ(テーピング実習含む)●●●●スポーツ哲学レクリエーション論スポーツマネジメント論運動生理学解剖学健康管理論●●●●●●ゼミナールⅠ●スポーツ史生涯スポーツ論スポーツ心理学バイオメカニクス論トレーニング論トレーナー論●●●●●●ゼミナールⅡ●スポーツ栄養学障がい者スポーツ論スポーツ社会学スポーツメディア論コーチング学コンディショニング論体力測定評価●●●●●●●ゼミナールⅢ●スポーツ政策論ストレングス&コンディショニング論発育発達論●●●ゼミナールⅣ●卒業研究Ⅰ●卒業研究Ⅱ●●国内実習Ⅰレクリエーション実習Ⅱ●●国内実習Ⅱ障がい者スポーツ実習●●海外実習野外実習●●レクリエーション実習Ⅰ●●インターンシップ●専門科目資格● レクリエーション・インストラクター※● 公認スポーツ指導者養成講習会修了証明書※● スポーツリーダー認定証※● 初級障害者スポーツ指導員※受験資格● 健康運動実践指導者認定試験※● NSCA-CSCS(NSCA認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト) 認定校試験※● NSCA-CPT(NSCA認定パーソナルトレーナー)認定校試験※フィールドワーク重視の実践教育地域のスポーツイベントなどにスタッフとして直接参加する「スポーツ社会貢献実習」をはじめ、社会での実践機会を豊富に設けています。各種スポーツ関連資格の取得スポーツ振興にまつわる各種資格の取得が可能。「スポーツ振興を支える専門家」や「地域や企業など社会の即戦力」をめざせます。インターンシップを単位として認定スポーツ施設などでのインストラクター補助や企業でのインターンシップを実施し、作成した計画書と報告書から活動を評価、単位認定します。提携講座や特別講義を開講卒業後の進路を視野に入れ、企業や政府関連機構による提携講座をはじめ、現場で働く実務家による講義・実習などを開講しています。スポーツ実技実習Cスポーツ実技実習D救急処置実習トレーニング実習Ⅰスポーツマッサージ実習Ⅱ(テーピング実習含む)●●●●●スポーツ実技実習Eスポーツ指導実習トレーニング実習Ⅱ●●※スポーツ社会貢献実習は履修登録指定科目※ 指定科目の単位修得者が取得できる資格。共通教育科目選考学部専門科目卒業後の進路+共通教育科目学部専門科目++学部を卒業一年次前期終了後、進級時にユニット選択実習研究講義133

元のページ  ../index.html#134

このブックを見る