神戸学院大学 大学案内2018
128/172

40年以上の歴史あるアメリカ薬学研修「薬学部は忙しくて、クラブ活動なんてする暇がない」というイメージは、本学には当てはまりません。体育会系では薬学部準硬式野球部、薬学サッカー部、薬学硬式テニス部、文化系ではKPCロックバンドサークル、科学部、茶華道部など、薬学部には学部生が立ち上げた団体がいくつもあり、それぞれが活発に活動しています。学びの上でも、オフの部分でも充実しているので、学部内はいつも情熱的なエネルギーでいっぱいです。薬学部では入学直後の初年次教育に力を入れており、物理や化学の基礎の見直しと文章表現について徹底的に指導します。しっかりと基礎を固めた上で2年次からの高度な薬学学修をスムーズに進めていくのが目的です。この盤石な土台の上に「物性」「分子」「生命」「臨床」「社会」の5つの部門を中心に、薬のプロフェッショナルとして不可欠な薬学知識を築いていきます。薬学部の卒業生で、2014ミス・ユニバースジャパン京都代表の横田真由美さんが大学を訪れ、講演会を開催。現在は薬剤師として業務を行うかたわら、「京都観光おもてなし大使」として活躍されている横田さんのさまざまな活動の話題に、会場全員が熱心に聞き入りました。高度な学びへの備えは万全。徹底した初年次教育ミスユニバース選出の卒業生が大学を訪れ、講演会を実施忙しい勉強の一方で、クラブ活動も充実!だから学部全体に活気がある薬学部 薬学科国際社会を見据えた薬学教育も本学の特長。その一環として、カリフォルニア大学サンフランシスコ校などのアメリカの大学、病院、薬局を体験できる薬学研修を40年以上も前から実施してきました。学生たちはキャンパスツアー、講義への参加、学生間交流を通じて、アメリカの薬学教育プログラムを学びます。また、現地の医療機関(病院・薬局・製薬企業など)も訪問。帰国後には、それぞれの研修テーマについて調査を行った成果を、学会や論文で発表しています。薬学科UNIQUE127

元のページ  ../index.html#128

このブックを見る