神戸学院大学 大学案内2018
120/172

生命栄養学専攻では、最新の検査機器や設備を活用して、いま現場で実際に行われている治療方法の指導を実施しています。「脳波検査」「超音波検査」「心電図検査」などを実習で扱い、必要な知識とスキルを修得。医療現場につながる実践的な学びが、学生たちのスキル向上につながっています。本専攻では、医療分野の専門知識を学ぶ授業を豊富に開講しています。その1つが臨床免疫学実習です。3年次に、免疫のしくみ、免疫学的検査が有用な各種疾患、免疫学的検査の原理や方法など臨床免疫学の知識を修得します。それらを生かして、4年次には実習を通して基本的な免疫学的検査手技を学びます。教員から丁寧な指導を受けて、卒業後に実際の医療現場で役立つ知識や技術を身につけます。基本的な免疫学的検査の具体的な実践方法を身につける心電図やエコーもOK !充実した学内施設を使ってさまざまな演習を実施栄養学部 栄養学科 生命栄養学専攻いま求められることはなに? 最新の医療現場を見学日本赤十字社の近畿ブロック血液センターで、実際に臨床検査技師が血液型検査・感染症検査・生化学検査を実際に行っている様子を見学。普段目にすることのない医療の現場を知ることが、これから学びを深める上で非常に価値のある経験となっています。本専攻では、学生たちが学外で学ぶ機会を数多く設け、いま現場で求められていることが何かを体験を通じて学修できるようにしています。栄養学科 生命栄養学専攻UNIQUE臨床検査技師をめざす119

元のページ  ../index.html#120

このブックを見る