神戸学院大学 大学案内2018
117/172

管理栄養士国家試験は、5時間にわたり200問が出題されます。長く集中が求められる独特の試験に慣れるためにも、栄養学部では3・4年次に2年間をかけて9回の学内総合試験を実施。過去の出題傾向を知り尽くした教員による栄養学特別講義や、短時間で得点力をアップするポイントを押さえた試験直前の対策講座など、サポートも万全です。こうした指導の成果もあり、2016年は合格率86.9%(全国平均44.7%)の実績を残しています。(株)神戸凮月堂とのコラボレーションで地域をお祝いするスイーツを開発ヴィッセル神戸の選手が食べている寮のごはんから健康管理を学ぶ機会も地域特産品の米粉を使い、全国の人が振り向く逸品をヴィッセル神戸の育成センター「三木谷ハウス」の寮母をしているフードコーディネーター・村野明子さんを講師に招き、特別セミナー「ヴィッセル神戸の技あり寮ごはん!」を有瀬キャンパスで開催。学生たちは5つのグループに分かれ、炊き込みご飯づくりに挑戦しました。鮭の生身を使った「鮭のぜいたく土鍋ご飯」や、栗を使った「もうすぐ22歳の栗ご飯」、男子ばかりのチームはさつまいもを使った「ザ・ボーイズライス」など、できあがったメニューもバラエティー豊か。最後は全員で試食を行い、お互いのメニューについての感想などを交換しました。地域の生産者と大学生、企業がタッグを組み、地元産品を使った商品を開発し、その魅力を全国に広く発信する「KOBE“にさんがろく”PROJECT」に本学栄養学部生も参加。特産品の米粉をどう活用するかを考えた6人の栄養学部Team Sazankaは試行錯誤の結果「ゆず香る米粉ロール」のアイデアを提案。1分間のムービーによるプレゼンを行い、見事準グランプリを獲得しました。栄養学部の学生と(株)神戸凮月堂がコラボレーションし、神戸や菓子の文化を学びながら、神戸開港150年をテーマに「お祝い」と港を通じてもたらされた「幸せ」を表現したスイーツを開発。神戸凮月堂で限定販売されました。神戸産の高級品種のイチゴやフランボワーズをふんだんに使い、桜ムースを取り入れた春らしいスイーツはスウェーデン語で「幸せな港」と名付けられ、学生たちが店頭でPRも行いました。長期にかけて対策を行う管理栄養士国家試験の合格率は86.9%※にも■主な進路実績(2014~2016年度)資格を生かし、さまざまな進路を実現※2016年実績(全国平均44.7%)(株)山田養蜂場Meiji Seikaファルマ(株)(株)たらみ日本食研ホールディングス(株)(株)神戸屋(株)ロック・フィールドゼリア新薬工業(株)鳥居薬品(株)シスメックス(株)(株)三久食品(株)ケーエスケー(株)グリーンハウス(株)LEOC日清医療食品(株)日本ゼネラルフード(株)(株)マルタマフーズ西洋フード・コンパスグループ(株)エームサービス(株)シダックスフードサービス(株)(株)エシック(株)ABC Cooking Studio(株)ナリコマエンタープライズ(株)魚国総本社(株)東紅給食富士産業(株)(株)ナガタ薬品(株)キリン堂(株)コクミン(株)サンドラッグ(株)スギ薬局(株)阪神調剤薬局ウエルシア薬局(株)ゴダイ(株)(株)セブン-イレブン・ジャパン(生協)コープこうべ(株)エイチ・アイ・エス(株)クリエイト・レストランツ・ホールディングスシダックス(株)(医)徳洲会(医)沖縄徳洲会(医)明和病院(医社)蘇生会(社福)博乃会社会医療法人愛仁会社会医療法人大道会(一財)甲南会(一財)近畿健康管理センター(一社)姫路市医師会日本赤十字社神戸掖済会病院三菱神戸病院(独)国立病院機構(独)地域医療機能推進機構地方独立行政法人奈良県立病院機構地方独立行政法人りんくう総合医療センター兵庫県立がんセンター兵庫県立こども病院北播磨総合医療センター三田市民病院高砂市民病院鹿児島医療(生協)厚生労働省兵庫県庁浜松市役所116

元のページ  ../index.html#117

このブックを見る