神戸学院大学 大学案内2018
102/172

総合リハビリテーション学部 社会リハビリテーション学科「生活の質」を向上させる医療と福祉の懸け橋となるプロフェッショナルを育成社会リハビリテーション学科では、医療現場での生活支援から地域社会での生活支援まで社会福祉の広範な分野を学び、多面的な福祉支援をデザインできる人材を育成します。具体的な方針としては、社会福祉士コースにおいて国家資格である「社会福祉士」と「精神保健福祉士」を取得して医療と福祉の現場で活躍できる人材を育み、生活福祉デザインコースにおいてより幅広い進路で社会福祉の知識を用いて社会問題を解決できる人材を育みます。また本学ならではの強みとして、理学療法学科や作業療法学科との連携による総合的な学びも加え、医療から生活支援まで幅広く学ぶことで、社会生活の多様な場面を支援する専門能力を養成。さらに本学科ではリハビリテーション関連の大学施設としては国内最大級の設備により、社会で実際に役立つ多様な実習経験を積むことができます。4年間の学びのステップ専門入門科目ゼミナール社会福祉専門分野必修必修必修選択●総合リハビリテーション論●心理学●社会学●社会リハビリテーション論●社会貢献実践Ⅰ●法学●基礎ゼミナールⅠ●基礎ゼミナールⅡ●基礎ゼミナールⅢ●専門ゼミナールⅠ●専門ゼミナールⅡ●専門ゼミナールⅢ●専門ゼミナールⅣ●卒業論文●社会福祉論Ⅰ●ソーシャルワーク論Ⅰ●ケア概論 ●社会福祉論Ⅱ●児童福祉論●ソーシャルワーク論Ⅱ●国際福祉論●障害に関する理解●高齢者福祉論●障害者福祉論●地域福祉論Ⅰ●社会保障論Ⅰ●ソーシャル ワーク論 Ⅲ●ソーシャル ワーク演習Ⅰ●公的扶助論●地域福祉論Ⅱ●ソーシャルワーク演習Ⅱ●ソーシャルワーク論 Ⅳ・Ⅴ●介護福祉論●社会保証論Ⅱ●権利擁護と成年後見●社会調査論●ソーシャルワーク演習Ⅲ●ソーシャルワーク論Ⅵ●社会福祉運営管理 ●就労支援サービス論●更生保護制度論●ソーシャルワーク演習Ⅳ(社会福祉士コースのみ)●福祉行財政論 ●福祉計画論●地域リハビリテーション論●社会福祉特論(社会福祉士コースのみ)1年次2年次3年次4年次第1セメスター第2セメスター第3セメスター第4セメスター第5セメスター第6セメスター第7セメスター第8セメスター少人数制のゼミナールで福祉への意識を高めます社会のしくみについて学び、実習に備えます専門的な知識と豊富な実習プログラムで実践力を養います理学療法学科・作業療法学科と連携し、総合的に学びます101

元のページ  ../index.html#102

このブックを見る