県立広島大学 大学案内2018
83/92

20152016幅広い知識と見解が深い思考につながる県大だからこそできること8万円以上10万円未満70.3%27.5%36.9%79.9%14.6%3.2%1.8%0.5%20.8%6.8%7.6%0.4%0.6%7.6%1.2%20.3%0%4.0(0円の者を除く)年間を通して授業期間中に経常的に授業期間中に臨時的に長期休暇中のみ高校の英語教諭を志すにあたって、英語を文化や文学など様々な側面から学びたいと考え、この学科を志望しました。国際文化学科は幅広い学問分野を扱っているので、色々な授業を受けてみて自分が特に関心のある分野を見つけることができます。専門分野以外の科目を学ぶことができるのもこの学科の魅力です。私は現在、文学からみる英米の社会文化や、英語学、第二言語習得論などに特に関心を持っていますが、心理学や日本文学などの授業も履修しています。幅広い分野を学ぶことで、ある授業で学んだ知識を他の授業の内容と関連付け、より深い思考ができます。このことにより学ぶことに楽しさと充実感を感じながら取り組むとともに、ESSや教育ボランティアの活動も積極的に行っています。河原 翔太さん広島キャンパス国際文化学科 3年広島市立美鈴が丘高等学校出身私は県立広島大学の広島キャンパスに通っています。県大の良いところは「人が関わりやすい」という点です。例えば、学生20人程度の少人数制授業や、学年・学科に縛られない授業が開講されています。大学には留学生もおり、留学生と日本人学生とがペアになり彼らの学生生活を助ける「バディ制度」というのもあります。この他、学業以外にもサークルやバイトなどで交流する機会はたくさんあると感じています。人と関わることで培われるものは大学を卒業した後も生きてきます。規模の大きな他大学ではなかなかできないことですので、ぜひ県大に入って体験してみてほしいと思います。佐々木 拓子さん広島キャンパス国際文化学科 3年広島県立府中高等学校出身(自宅生も含む)

元のページ  ../index.html#83

このブックを見る