県立広島大学 大学案内2019
7/92

29149,657県立広島大学では、重点研究事業や企業との共同研究により継続してレモンの研究を行っています。また、レモンに関するシンポジウムの開催、健康科学科の学生によるレモンレシピの作成など、レモンに関するさまざまな取組を行っています。【重点研究事業での取組例】H23~24「広島県産レモンの成分・機能分析と健康への効果に関する研究」H25「機能性を重視した広島県産レモンの調理加工法の提案」H25~26「広島県産レモンに含まれる機能性成分の作用および効果に関する研究」H28「広島県産レモンによる健康創生プロジェクト」H29「未利用資源レモン果皮および果皮成分の口腔ケア領域への利用可能性の検証」レモン研究の継続地域課題解決研究採択件数大学名86777675746654343329県立広島大学高知県立大学高知工科大学北九州市立大学広島市立大学九州歯科大学岡山県立大学熊本県立大学福岡県立大学山口県立大学12345678910健康診断および問診結果を活用した広島版健康年齢策定及び健康管理支援システム1411,437卵管に発現する神経ペプチドNeurotensinの胚発生への機能検索とその応用11,642上皮ホメオスタシスの維持機能を高める生物資源及びその誘導体の発見と活用27,969エゴマの生理的機能に関する疫学的調査および成分分析13,246高発生能卵作出のための体外成熟技術の開発学際的・先端的研究(A:単独研究)学際的・先端的研究(S:共同研究)学際的・先端的研究(学長プロジェクト)県立総合技術研究所との共同研究(注)・文部科学省発表資料に基づく。平成29年度は86件の採択件数を得ることができました。中四国・九州・沖縄27公立大学の中では、11年間連続トップの座に位置しています。理系・文系を問わず活発な研究活動を3キャンパスで展開しています。

元のページ  ../index.html#7

このブックを見る