県立広島大学 大学案内2018
67/92

未知から道へ助産学専攻科では講義だけでなく、演習や実習を通して自分で課題を見つけ考える力を養うことができます。そんな時、先生方や指導者の方はいつでも私たちの疑問に真摯に向き合ってくださいました。この1年間で幅広い知識や技術を学ぶことはもちろん、母子や家族の生涯に携わる責任感、対象者の様々な価値観の尊重など、助産師としての人間性の基盤を育むことができました。助産師に憧れを抱いていた頃から、この学科に入り自分で道を切り開いていこうと思えるようになりました。助産学専攻科広島県立高陽高等学校出身助産学専攻科での学びを通して私は助産学専攻科での怒涛の一年を通して、知識・技術・助産観・物事の考え方を学ぶことができました。私の勤務するJA広島総合病院では正常分娩はもちろんハイリスク分娩も多くあります。生命の誕生に立ち合い日々感動の連続ですが、それと同時に大きな責任も感じます。患者に寄り添いながら母子ともに安全に出産できるようサポートする助産師になりたいと思っているため、これからも専攻科で学んだ数々のことを胸に妊娠期から産褥期まで母子に寄り添った助産ケアができるように頑張っていきたいと思います。黒住 紗希さん助産学専攻科平成27年度修了JA広島総合病院(産婦人科病棟)村上 賀納子さん

元のページ  ../index.html#67

このブックを見る