県立広島大学 大学案内2018
53/92

2828初めての経験と新たな発見この学科では、一年次から実習形式の授業があります。実際に、車いすの操作や、作業療法士になって用いる機織りや革細工などを体験することができます。私は、体験を通して対象者の方の気持ちを少しずつ理解できるようになり、自分がどのように対応するべきかを考えるきっかけになりました。また、障害のある方やその家族の方から体験談などを聞く機会もあり、新たな発見があります。仲間と助け合い、お互いに刺激し合いながら日々勉学に励んでいます。田中 帆乃香さん作業療法学科 2年広島県立廿日市高等学校出身人と人とのつながりを実感作業療法学科では、地域との結びつきが強く、子どもからお年寄りまで幅広い年代の方々と関わる機会があります。同年代と関わるだけでは得ることのできない発見がたくさんあります。また、学年・学科を超えたつながりが強いことも、この大学の魅力です。将来自分が学んでいく展望だけでなく、他学科との関わりを通じて大学生のうちからチーム医療について主体的に学ぶことができます。この大学で、掛け替えのないつながりを創りませんか。藤田 聖也さん作業療法学科 3年兵庫県立姫路東高等学校出身大学での学びを活かして 私は今、総合病院の急性期病棟で作業療法士として働いています。県立広島大学で過ごした4年間では、尊敬する先生方のもと“クライエントにとっての意味のある作業”を大切にする考えを深く学び、作業療法の面白さを知りました。また、作業療法学科では先生方や先輩・後輩との繋がりが密です。普段の大学での講義から国家試験や就職活動までしっかりサポートがあったことも、在学中とても心強かったです。現場では悩むこともたくさんありますが、作業が再開できたときの患者さんの笑顔を見たときは、こちらも嬉しくなります。作業を通してクライエントの生活を豊かにするこの仕事にやりがいを感じています。今後も県立広島大学での学びを生かし、作業療法士として頑張っていきたいと思います。大西 優美さん保健福祉学部作業療法学科平成26年度卒業公立みつぎ総合病院リハビリテーション部77.883.7

元のページ  ../index.html#53

このブックを見る