県立広島大学 大学案内2019
53/92

作業療法学科2929つながれる環境作業療法学科では、発達障害、身体障害、精神障害など、それぞれの専門知識を深く学ぶことができます。また、実際に地域の方との交流や実習を通して、実践的な力を身につけることができます。学科や学年を超えた授業やサークル、地域でのボランティアなどにより、縦と横のつながりが強いことも、この大学の魅力です。私自身もそのつながりを感じながら、充実した大学生活を送っています。学習面でも私生活でも色々な人と切磋琢磨できるすばらしい環境で一緒に学びませんか。柳田 拓哉さん作業療法学科 3年桜丘高等学校出身(三重県)主体的な学びで成長作業療法学科では、実際にクライアントやその家族の方からお話を聞いたり、自分でルールなどを考えたレクリエーションをクラスで行ったりする授業があります。また、全学科でチーム医療についての授業を受け、劇などを通してチームの中で作業療法士がどのような役割を担っているのかなど、実習や将来現場で必要となる知識を主体的に学ぶことができます。お互いが助け合い、高め合える仲間とともに日々多くのことを学んでいます。 山吹 沙紗さん作業療法学科 2年広島県立戸手高等学校出身作業療法の魅力~大学での学びから~私は、病院で作業療法士として働いており、休日は趣味のゴルフをしています。仕事や趣味などの作業をすることで、毎日が充実しています。大学では、「作業をすることで人は健康になれる」ということを学びました。病院には、何かしらの理由で大切な作業ができなくなり、元気をなくした患者さんが来られます。作業の再開に向け、患者さんと共にできる方法を考え、練習や工夫をしています。作業を再開でき、元気になる姿を見ると、私も元気になります。県立広島大学では、作業療法についてより深く学ぶことができます。興味のある方は是非学んでみて下さい。野村 一貴さん保健福祉学部作業療法学科平成27年度卒業アマノリハビリテーション病院85.293.8

元のページ  ../index.html#53

このブックを見る