県立広島大学 大学案内2018
40/92

・環境・無機分析化学担当:西本 潤 [2年後期]環境を理解するためには分析をする必要があり、何が、量は、どんな状態で存在するのかが重要です。分析装置も格段に進歩しましたが、サンプルを前処理しないと正確な結果がでないことも多くあります。本授業では、環境分析のやり方、装置を用いた測定での共存物質の影響や、その影響を避けるために必要な前処理に関する基礎知識を学びます。地学★環境科学セミナーⅠ環境科学セミナーⅡ物質循環論★生態学

元のページ  ../index.html#40

このブックを見る