県立広島大学 大学案内2019
39/92

環境科学科教員免許状は、再課程認定申請中。文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。()29広く環境に触れる私は環境問題に関心があったので、広く環境について学べるこの学科を志望しました。環境科学概論という科目では、環境に関する全体的な知識を学び、eco検定(環境社会検定試験)に挑戦することができます。環境という広いテーマの中にどんな問題があるのか、自分が何に興味があるのかを知る機会がたくさんあるので、まだ漠然と環境について考えている人も安心して学べます。さらに3年次からは研究室に配属されるため、2年間研究活動に没頭できることも魅力のひとつです。荒川 和香さん環境科学科 2年愛知県立豊橋東高等学校出身環境科学科について私が環境科学科を志望したのは、身近に感じることのできる環境問題に関心があったからです。この学科では、さまざまな学問から環境についてアプローチすることができ、幅広く環境問題について学ぶことができます。大学の周辺も自然が豊かであり、環境についてより一層意識することができます。将来は環境問題について多方面から考え、社会貢献をしたいと思っています。環境について興味があれば、ぜひ一緒に学び、考え、楽しい大学生活を送りましょう。安保 裕貴さん環境科学科 2年尾道高等学校(広島県)出身無機化学物質循環論有機化学生物化学微生物学生命環境統計学物理化学機能材料化学環境社会科学Ⅰ環境社会科学Ⅱ機能性物質化学英語Ⅲ学ぶ。遊ぶ。自分の未来をイメージする場所私は現在、化学技師として福山市役所の環境行政に関する仕事に就いています。大気や水質をはじめとした福山市内の環境を保全する業務を担っており事業場などへの立入の他、市民からの公害相談の対応など幅広く活動しています。環境という分野の注目度が高まる中、市民のニーズにいかに応えていくのかを考える時に、授業やゼミの研究で得た知識や広い視野で捉える意識付けが活きているのを実感します。4年間の短い大学生活の中では常に新たなことにチャレンジすることで様々な道が見えてきます。ぜひ、自分の未来をイメージしながら、学ぶことを楽しんでください。大平 勝也さん平成28年度卒業福山市 経済環境局環境部環境保全課

元のページ  ../index.html#39

このブックを見る