県立広島大学 大学案内2019
35/92

生命科学科教員免許状は、再課程認定申請中。文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。()29成長できる大学生活生命科学科の魅力のひとつは、2年次から応用生命科学コースと食品資源科学コースに分かれ、より専門的な知識や技能を得ることができるところです。動物や植物、食品など興味がある分野について、さらに研究したいと思いませんか。本学では、生物に関する様々な研究が行われており、具体的に何がしたいか決めていない人でもきっとやりたいことが見つかるはずです。また、庄原キャンパスの周囲には自然がたくさんあり充実した大学生活を過ごすことができると思います。宮田 あかりさん生命科学科 2年長崎県立長崎南高等学校出身充実した大学生活私が生命環境学部を志望した理由は、2年次から応用生命科学コースと食品資源科学コースの2つのコースに分かれ、自分の興味がある分野の内容をより深く学ぶことができるからです。コース選択に向けて1年次から行動するため、将来のことを考える良いきっかけとなりました。また、3年次から研究室配属されることでやりたい研究に時間をかけることができるのもこの大学の強みだと思います。そのほかにも、部活動やサークル活動によって同級生や先輩、後輩とのつながりができ、充実した大学生活を送ることができると思います。登立 涼太さん生命科学科 3年広島県立安古市高等学校出身大学での学びを活かした社会人生活私はMR(医薬品情報担当者)として医療用医薬品の適正使用の為、医薬品情報の提供・収集・フィードバックを行っています。学生の頃は細胞機能制御学研究室に所属し、化粧品含有物質の安全性について研究していました。また、研究内容に関わる英語論文を発表する機会もあり、専門的知識に加えて英語やプレゼン等幅広く学び、様々な視点や考える力が身に付きました。これらは現在、医療機関での情報提供や企画の立案に役立っています。今後も学生時代に培った事を活かしながらMRとして患者さんの治療に役立つことで社会へ貢献する一翼を担っていきたいです。松本 理沙さん生命環境学部生命科学科平成27年度卒業小野薬品工業株式会社プライマリー関西・北陸営業部基礎植物生理学生体機構学有機化学生物物理化学生理学生物化学微生物学生命環境統計学基礎食品学分子進化発生学食品保存学バイオ商品開発論国際食料生産論土壌肥料学果樹園芸学畜産学概論蔬菜園芸学応用昆虫学植物遺伝育種学

元のページ  ../index.html#35

このブックを見る