清泉女子大学 大学案内2018
52/84

資格取得51学科の枠を越え、関心のある分野を深く学ぶことができますさらに詳しく調べるには・・・ http://www.seisen-u.ac.jp/ ▶ 学部・大学院 ▶ 副専攻 英ス文地日英ス文地日情報ネットワークコース英文地日ス文日実務英語コース英文地日スペイン語コース所属する学科の専門(主専攻)を学びながら、それに加えて希望者は、副専攻として学科の枠を越え、関心のある分野を履修することができます。副専攻には5つのコースが設けられており、他学科の専門科目や資格関係専門科目などから、一人ひとりが関心のある科目を学びます。2年次より申請することができ、各コースが定める修了条件を満たし、各コースの必要最低単位である20単位を修得すると、卒業時に各副専攻の修了証が授与されます。取得可能な免許・資格中学校・高等学校教諭一種[国語]●中学校教諭一種[社会]●高等学校教諭一種[地理歴史]●高等学校教諭一種[公民]●●中学校・高等学校教諭一種[宗教]●●●●●司書教諭●●●●●司書●●●●●学芸員●●●●●日本語教員●●●●●注2注2注2注2注2◎資格取得までの流れ1年次末 ▶ガイダンス2~4年次 ▶科目履修3年次 履修登録前 ▶履修継続選抜試験4年次 ▶学内・学外で博物館実習◎課程修了までの流れ1年次末 ▶ガイダンス2~4年次 ▶科目履修3・4年次 ▶日本語教育実習(選択)◎資格取得までの流れ1年次末 ▶ガイダンス2~4年次 ▶科目履修◎資格取得までの流れ1年次末 ▶ガイダンス2~4年次 ▶科目履修◎資格取得までの流れ1年次後期9月 ▶ガイダンス▶科目履修2・3年次 ▶科目履修 介護等体験(中学のみ)4年次 ▶科目履修 教育実習 情報機器の操作技術を学び、情報の活用と管理について理解し、対応できる能力を養成します。基本4技能のブラッシュアップから、討議・ディベー卜の方法までを実践的に学習します。スペイン語のアルファベットから簡単な会話まで、ネイティヴスピーカーのもとで習得します。スペイン語圏文化コース歴史と美術を中心に、その背景についての学習を通じて、スペイン語圏文化への理解を深めます。キリスト教と諸宗教コースキリスト教の歴史や精神、聖書世界や文化的背景への影響などを学習します。※卒業論文で宗教を専攻した 文化史学科生は履修不可副専攻地球市民学科地履修可能な学科注1: スペイン語スペイン文学科の学生は「イスパニア語」の教員免許取得 を条件に、他学科の科目を履修することにより「英語」の教員免許取得 の道が開かれています。注2: 他学科の科目を履修することにより、教員免許取得の道が開かれています。文化史学科文日本語日本文学科英語英文学科スペイン語スペイン文学科英ス日中学校・高等学校教員免許自分の所属学科と専門分野に応じた教科の、中学校・高等学校教員免許を取得できます。協定先大学の授業で単位を修得することにより、小学校・幼稚園の教員免許の取得も可能です。司書教諭小学校・中学校・高等学校の教員であることに加えて、その学校内の図書館の運営や活用をリードする専門職です。児童生徒が自ら課題を見つけ、図書館で調べ、自ら考える探求学習の推進役としても期待されています。司書図書館の専門職として、出版物を収集・保存・提供するほか、子どもから高齢者、ビジネスマンまで、人々の読書活動や調査研究、課題解決をサポートするのが司書です。一般企業などでも情報管理・活用の専門職として求められています。学芸員博物館・美術館・動物園・水族館などで資料の収集・保管・展示や調査研究、それと関連する専門的な業務を担当するのが学芸員です。生涯学習の場の拡大にともない、その重要性は増しています。日本語教員日本語を母語としない外国人に日本語を教える専門教員です。日本の国際化へ向け、今後さらに重要性が増すと考えられる課程です。※日本語教員に関しては、中学校や高等学校の教員免許のような免許制度はありません。卒業時に与えられるのは、文化庁の指針に基づいたカリキュラムに従って本学が発行する修了証です。本学では中学校教諭・高等学校教諭の教員免許をはじめ、司書、司書教諭、学芸員などの公的資格を取得するためのカリキュラムを用意。学生一人ひとりの目標や進路に合わせて、資格取得をしっかりとバックアップしています。日本語日本文学科英語英文学科スペイン語スペイン文学科文化史学科地球市民学科社会で役立つ公的資格の取得をしっかりとサポートしています。中学校・高等学校教諭一種[英語]●●●中学校・高等学校教諭一種[イスパニア語]●注1注2

元のページ  ../index.html#52

このブックを見る