清泉女子大学 大学案内2018
46/84

基礎の充実をはかり、自分が興味のある分野の学習に取りかかります必修科目の「概論」で、3分野すべての基礎を学び、選択科目の「基礎演習」で研究方法や思考力を養います。各分野の基礎を学び、日本語学、日本文学の研究の意義を理解します日本古典文学、日本近代文学、日本語学の各分野の「入門・基礎」の授業を通して基礎知識をしっかりと身につけます。1年次日本古典文学入門・基礎1,2 ● 日本古典文学を展望してその基礎知識を学び、あわせてその魅力を知る古文読解基礎演習1,2 ● 古典文学を理解するうえで必要な古文読解の基礎力を養成する日本近代文学入門・基礎 ● 日本近代文学の特質について、明治・大正・昭和期の代表的な文学作品から学ぶ 日本語学入門・基礎 ● 日本語学とはどういう学問であるかを、自分の話している日本語を元に観察・分析し、概要を理解する漢文学基礎演習 ●   くずし字解読基礎演習 ● パソコン日本語・日本文学 ● 源氏物語講読1,2 ● 日本古典文学概論1 ●  上代文学と中古文学日本古典文学概論2 ●  中世文学と近世文学 日本近代文学概論1 ●  明治と大正の文学日本近代文学概論2 ●  昭和と平成の文学日本語学概論1 ●  日本語の音韻・アクセント・表記日本語学概論2 ●  日本語の語彙・文法4年間の流れ日本語学関係科目関連専門科目日本古典文学関係科目日本近代文学関係科目  日本古典文学講義1『風土記』を読み解きます奈良時代に編纂された『風土記』から漢文体の文章表現の特色を学びます。また、本書を読み解き、古代の地方文化や文学のあり方と、記・紀をはじめとする中央の文献・伝承との相違を考えていきます。  日本語学入門・基礎日本語学とはどのような「学」か理解します毎回違う日本語学分野のテーマについて、グループ討議を交えながら分析します。そして、古語や方言といったさまざまな日本語の姿に触れながら、「日本語学」がどのような学問分野か理解していく授業です。  日本近代文学概論1明治・大正期の文学について理解を深めます  くずし字解読基礎演習「くずし字」を解読する力を身につけます仮名字形の基礎を学び、実際の文献を使って、「くずし字」を解読していきます。文献を自分で読んで「翻字原稿」を作成し、仮名読みクイズや文献を使ったトレーニングを重ね、「くずし字」を理解していきます。カリキュラムPICK UP 授業関連専門科目日本語学関係科目日本古典文学関係科目日本近代文学関係科目2年次3214日本古典文学基礎演習1~4●  日本古典文学演習1~6● 日本近代文学基礎演習1,2● 日本近代文学演習1~6● 日本近代文学講義1~6● 日本語学基礎演習1,2● 日本語学演習1~5● 日本語学講義1~6● 日本語史● 日本語文法1,2● 日本文学教養演習1~4● 日本語学教養演習1,2● 日本文学特別演習1,2● 日本語特別演習1~5● くずし字解読演習1,2● 書誌学● 対照言語学1~4● 書道●   日本古典文学講義1~8● 福沢諭吉の『学問のすすめ』や二葉亭四迷の『浮雲』、志賀直哉の『城の崎にて』、芥川龍之介の『或阿呆の一生』など、明治大正期の小説家の作品を通して、この時代の文学への理解を深めるとともに、時代の特徴も学習します。45

元のページ  ../index.html#46

このブックを見る