清泉女子大学 大学案内2018
4/84

清泉女子大学は、大学生活を送る上で理想的な規模の大学であると言えます。学生同士はもちろんのこと、教員や職員も含めて、互いの顔が見え、互いの声がよく聞こえる大きさだからです。そうした環境があってこそ、真の教育は可能になります。学生たちは、それぞれの個性を大事にしながら、共に学び、着実に実力をつけていきます。そして、大学での4年間において何よりも大切なことは、一人ひとりが自分のこれから向かうべき目的地をしっかりと見つけることです。それは自分の未来や幸せを切り拓くことに通じる作業でもあります。清泉女子大学には個性的な5つの学科があり、それぞれの専門科目のほかに、全学科共通の科目や教養を高めるための科目が数多く用意されています。それらの科目は、皆さんがこれから向かうべき方向を見つけるための重要な手掛かりとなることでしょう。いったん方向性が定まりさえすれば、あとはこれらのカリキュラムの中からそれにふさわしい科目を見つけ、将来のための装備をしっかり整えていけばよいのです。また、「学問」の足腰を鍛えると同時に、「こころ」を鍛えることも必要です。少しくらいの失敗にもめげない、タフな自分というものも作っていかなければなりません。われわれ教職員は、皆さんの確かな未来へと続いていくレールを敷き、目標に向かって万全の準備を積み重ねていけるように支援します。そして、卒業後も一人ひとりが自立し、成長し続けていくのをしっかりと支え、皆さんと生涯にわたって歩み続けることが、清泉女子大学の最大の願いです。自分の未来を切り拓く  学長 杉山 晃

元のページ  ../index.html#4

このブックを見る