清泉女子大学 大学案内2018
34/84

必修科目1年次2年次3年次4年次充実した基礎力を土台に、より深い学びをめざします身につけた専門知識や理論、コミュニケーションスキルをフィールドワークで活用し、授業にフィードバックする循環型学習を実践します。基礎的な知識と考え方を習得し、学習の指針を固めます学びのスタートラインです。地球市民として学ぶのに必要な知識や思考方法を習得するとともに、4年間の学習指針を固めます。1年次地球市民と文化 ♦地球市民と経済 ♦地球市民と宗教 ♦地球市民と社会 ♦地球市民と政治 ♦地球市民と歴史 ♦地球市民と自然 ♦地球市民と法 ♦地域研究Ⅰ地域研究Ⅱ地域研究Ⅲ ♦地域研究Ⅳ専門事例[地球市民と文化]専門事例[地球市民と環境]専門事例[地球市民と政治]専門事例[地球市民と企業]専門事例[地球市民と教育]専門事例[地球市民と開発]専門事例[地球市民と社会]専門事例[地球市民と倫理]専門事例[地球市民と法]Global Citizen and CultureGlobal Citizen and EnvironmentGlobal Citizen and PoliticsGlobal Citizen and BusinessGlobal Citizen and EducationGlobal Citizen and DevelopmentGlobal Citizen and Society  Global Citizen and EthicsGlobal Citizen and Law基礎演習Ⅱ地球社会入門Ⅱ情報処理Ⅰ-2地球市民学研究法Ⅰ地球市民学研究法Ⅱ卒業報告書卒業プレゼンテーション4年間の流れグローバル・コミュニケーション系フィールドワーク必修科目グローバル社会系  地球社会入門Ⅰ社会の現況と課題をとらえる視点を身につけますグローバル化する社会で生じるさまざまな分野の問題や課題を文献から理解し、授業では自分の考えを共有して熱心に討論します。報告書作成などの課題について各学生を丁寧に指導し、基礎的訓練を徹底的に行います。  プレゼンテーション技法理論・実践の両面からプレゼンテーションを学びます社会人になっても役立つプレゼンテーション技法について、理論・実践の両面から理解を深めます。技術だけでなく、演劇の要素なども取り込みながら、確実に相手に伝わり、人を動かすことができるようなプレゼンテーション能力を習得します。  Global Citizen and Ethics 原子力に関する問題について考察します  フィールドワーク2-3現地を訪れ、多文化に対する理解を深めますイギリスのヨーク市、アメリカのワシントン州先住民居留地、オレゴン州のポートランド市、マレーシアのペナン島の4つのコースがあります。現地の歴史や文化を学び、諸機関への調査訪問や英語学習により、多文化に対する理解を深めます。カリキュラムPICK UP 授業選択科目2年次3214核エネルギー利用の科学技術的懸念や、その歴史、哲学者の倫理的考察について学びます。原子力発電所を代表とする技術の発展について、英語でプレゼンテーションやディスカッションを行い、理解を深めていきます。※フィールドワークの国や地域は原則として年度によって異なります。 上記の他にも、国外では韓国、台湾、フィリピン、ニュージーランド等、国内では茨城県、沖縄県等で現地体験の実績があります。※科目名が英語表記のものは、原則として英語で授業が行われます。 チュートリアル基礎演習Ⅰ  地球社会入門ⅠFirst-year English 日本語コミュニケーション情報処理Ⅰ-1グローバル社会系科目群レベル1レベル2レベル3レベル4ゼミナールゼミナール33

元のページ  ../index.html#34

このブックを見る