清泉女子大学 大学案内2018
25/84

授業で文庫を30冊読むという課題が出され、『老人と海』などの名作をたくさん読みました。これを機に本に興味をもち、司書の資格を取ろうと決心。「スペイン語で話そう会」で会話を練習したり、スペイン語圏の方の集会に参加したりと、授業以外でもスペイン語に接する機会を作るよう心がけました。「スペイン語演習1」でスペイン語劇に挑戦。12月の発表会では感情を込めた演技ができ、見に来てくれた母や友人たちも感動してくれました。木村先生のゼミナールでは、スペイン語と比較しながら、イタリア語とカタルーニャ語を学んでいます。言語の違いを知るのがとても楽しいです。素敵な友人たちと出会い語学や資格、クラブ活動を満喫することができました阿久津 真希さん2017年3月 スペイン語スペイン文学科 卒業私立 作新学院高等学校 出身オープンキャンパスで木村先生の模擬授業を受けた時に、元気よくスペイン語を発音したとても楽しい経験がきっかけとなり、入学を決めました。この学科のほとんどの学生にとって、スペイン語はゼロからのスタートです。そのため単語テストの前には、友人らと語呂合わせで単語を覚えたりして助け合いました。2年次には、有志で立ち上げた自主的な勉強会「スペイン語で話そう会」にも参加。私の周りには、夢や目標に向かって努力を惜しまない人が多く、こうした素敵な友人たちと出会えるのも清泉の魅力だと思います。また、スペイン語以外に力を入れたのは、資格の取得とクラブ活動です。司書課程を履修したことで、大学の図書館学生スタッフAsk Me! を経験することができましたし、放送研究会ではDJ2級のライセンスを取りました。学科主催のイベントで司会をさせていただいたことも忘れられない思い出です。今振り返ってみると、さまざまなことに挑戦できた4年間だったと思います。高校生へのメッセージ学びのストーリー1年次2年次清泉女子大学は、頑張る女性を応援してくれる環境が整った素晴らしい大学だと思っています。私は先生方にも友人たちにも恵まれ、とても充実した大学生活を送ることができました。みなさんもぜひ清泉で4年間を過ごし、さらに素敵な女性になっていただきたいと思います。大学附属図書館の学生スタッフAskMe!として、新入生をご案内しました。いつかは見たいと思っているサグラダ・ファミリア。地元栃木にミニチュアがあると知り、感激!入学当初から入りたいと思っていた木村ゼミ。憧れの木村先生とのツーショット。『オルメードの騎士』という作品のTello役を演じたときの写真です。3年次4年次私の4年間スペイン語スペイン文学科文学部24

元のページ  ../index.html#25

このブックを見る