清泉女子大学 大学案内2018
16/84

日本航空株式会社 客室品質企画部田村 裕子さん きっかけは、客室乗務員からいただいた1通の手紙。高校2年生の時、海外の人と交流してみたくて、単身オーストラリアに行きました。そんな不安でいっぱいの私に、客室乗務員の方がやさしく話しかけてくださいました。そして、降りる前にお手紙をくださり、そこには「いつか一緒に働きましょう」と書いてありました。これがJALの客室乗務員を目指したきっかけです。翌年の大学受験でいろいろな大学の情報を集めていた時に清泉女子大学の地球市民学科と出会い、受験することに決めました。客室乗務員になりたいと思ったのも、いろいろな国へ行って知らないことを体験したいから。学科紹介に記されていたフィールドワークや異文化コミュニケーションという言葉も、私の志向にとてもフィットしました。清泉の授業は、キツイと思うこともありました。でも、それを乗り越えられたことが、私の中に確かな自信となって刻まれています。清泉で知った「一期一会」の価値。今度は、客室乗務員としてお客さまのこころにお届けしたい。飛行機の模型とともに渡された手紙。これを見て、卒業後はJALに行きたい!と強く思うようになりました。この手紙のように、誰かの心を動かすサービスがしたい。私の宝物であり、心の拠り所です。JALの客室乗務員からいただいた手紙。いまでも大切にしています。2011年3月 地球市民学科 卒業 私立 和洋国府台女子高等学校 出身よSEISEN UNIVERSITY卒業生メッセージ

元のページ  ../index.html#16

このブックを見る