清泉女子大学 大学案内2018
13/84

清泉女子大学では、学生の可能性を広げるため、海外で学ぶ制度を多数用意しています。長期留学、語学研修、海外ボランティア、海外インターンシップなど、目的に合わせて選ぶことができます。海外での経験を通して、また新たな目標が見つかります。もともとは日本史専攻だったのですが、1年次の授業で15世紀の画家ファン・エイクの「アルノルフィーニ夫妻像」という絵画を見て以来、美術に興味をもちました。2年次の「入門演習」で美術を学び、美術史を専攻することに決めました。この研修に参加したのは、ロンドンで大好きな美術館巡りができるから。研修は歴史、美術、歴史・宗教・美術の3グループに分かれ、私は美術グループでした。どこに行きたいかを決めたら、交通手段、乗車時間を事前に調べ、現地での行動予定などを細かく決め、ロンドンでは8名のチームで美術館を回りました。ナショナル・ギャラリーで念願の「アルノルフィーニ夫妻像」を鑑賞しましたが、油絵でここまで質感が伝わるように描けるのか、と感動。図版で見るのとは違い、奥に描かれた凸面鏡の中までしっかり見ることができました。レスターの教会ではステンドグラスを見ながら、そこに込められた意味を高野先生から教えていただきました。これまでステンドグラスについては勉強をしてこなかったので、発見の連続でした。オプショナルツアーで、イギリスの繁栄を支えたといわれる運河を巡ったのも良い思い出です。この研修でハンス・メムリンクの祭壇画を見たことをきっかけに、祭壇画を勉強してみたいと考えるようになりました。実物の絵画をたくさん見て勉強できたことが、卒業論文の作成やこれからの生き方に活力を与えてくれると確信しています。初めての土地で不安もありましたが、先生方のサポートもあって安心して楽しむことができました。イギリスUnited Kingdomオックスフォード大学海外の文化・風習・暮らしを体験し、将来に活かす憧れていた絵画の実物と対面。新たな興味も湧きだし、将来への活力となる経験でした。帰国日に本場のアフタヌーンティーを高野先生が解説して下さった教会のステンドグラス今回の研修で興味をもったハンス・メムリンクの祭壇画文化史学科 4年私立 東星学園高等学校 出身文化史学特別演習  松尾 歩実さん研修名2016年8月28日〜9月6日(10日間)海外研修経験者メッセージ期間SEISEN UNIVERSITY海外研修8月28日(日)[日本出発]羽田空港からロンドンへ8月29日(月)[ロンドン研修]大英博物館、ナショナル・ギャラリー、ウェストミンスター宮殿など8月30日(火)〜9月1日(木)[グループ研修]ウェストミンスター寺院、ヴィクトリア&アルバート博物館など。オプショナルツアーでリージェンツ・カナルなど9月2日(金)[ロンドン郊外研修]トウィクロスのステンドグラス、コベントリー大聖堂など9月3日(土)[グループ研修]セント・ポール大聖堂、テート・モダンなど9月4日(日)・5日(月)[自主研修]夜の便でロンドン出発9月6日(火)[日本到着]Schedule in London海外研修 information費用38万円現地サポート清泉から先生が2名同行し、美術館では解説をしてくださいます。添乗員の方にも地下鉄の乗り方などを教えていただきました。

元のページ  ../index.html#13

このブックを見る