清泉女子大学 大学案内2018
11/84

建設当時の美しさを伝えるステンドグラス本館正面玄関にあるステンドグラス。関東大震災や第二次世界大戦でも破損せず、奇跡的に当時のままの完全な姿で残っています。左右対称で構成されたアールヌーボー様式。100年前のものとは思えない見事な彩色です。上部の「丸に十の字」は、島津家の家紋です。季節ごとに表情を変える奥庭本館前に広がる奥庭は、樹齢200年以上といわれる品川区の天然記念物「ふうの木」をはじめ、桜やツツジ、アジサイ、ケヤキ、モミジなど四季折々に違った表情を見せてくれます。自然が織りなす美しさは、ここが都会の真ん中であることを忘れさせてくれます。映画のワンシーンのような2階ベランダ奥庭の美しさを眺めるなら、ここがベストポジション。ベランダの柱頭飾は、1階がトスカーナ様式、2階はイオニア様式の組み合わせ。バルコニーを大きく円弧状に突出させることで、バロック的な演出がなされています。本館は映画やTVドラマにもたびたび登場しています。木陰で読書やランチが楽しめる中庭各教室棟や図書館、講堂への通り道にあたる中庭。レンガが敷き詰められた落ち着いた空間は、清泉女子大学の憩いの場です。木陰で読書やランチを楽しんだり、友人と語らう学生たちの姿がいつでも見られます。卒業生が思い出として語ることの多い場所の一つです。

元のページ  ../index.html#11

このブックを見る