法政大学 大学・入試案内2017
91/248

主な専門科目2学科共通「地域福祉」の概念、その歩みや思想、諸理論、現代生活における地域福祉問題について基本的な理解を図り、その課題を考察する力を養います。地域福祉論国際的な視点からケアマネジメントを捉え、日本の実態とその課題について学びます。基礎的な理論を理解することで現場での応用につなげていきます。ケアマネジメント論相談援助に係る知識と技術を実践的に修得するとともに、ソーシャルワーカーに求められる倫理と基本的態度について理解を深めます。ソーシャルワーク演習福祉コミュニティ学科地域が直面している課題について、さまざまな切り口から課題とその方策に接近し“地域づくり”が生まれる背景と意義について理解を深め、今後の展望を考察します。想像力を働かせ、問題の本質を考える姿勢を身に付けます。地域問題入門自分自身で「問題」を設定し、その改善・解決の方途を探り、社会問題を考えることを通じて、思考力・対話力・判断力・実践力を高めます。地域のデザイン(コミュニティ・デザイン)、社会のデザイン(ソーシャル・デザイン)の考え方の基礎が身に付きます。社会問題論国民全体のメンタルヘルスを考え、精神疾患の予防・治療・リハビリテーションから精神的健康保持・促進を図るための精神保健とは何かを学んでいきます。精神保健学伝統的な心理臨床とは異なり、個人の心だけでなく個人を取り巻く社会環境にも働き掛け、治療よりも予防を目指す臨床心理援助方法についてその理論などを学びます。コミュニティ心理学カウンセリングおよび心理療法の各理論を学び、福祉、地域づくり、臨床心理の専門分野で必要とされる援助的対人関係の基礎を人間性心理学の視点から構築します。カウンセリング生活のしづらさを感じている人々が集い、互いの立場を尊重しつつ、共通項を見いだしていく共同作業を通じ、個々人が力を獲得していく可能性を、具体例を通して考えていきます。セルフヘルプグループ北欧を中心とした他先進国との国際比較を通じて、日本の社会福祉についてグローバルな視点で考えられる力を身に付け、文化的な自己認識および他者意識の向上を目指します。国際支援論若者の自立の問題についてさまざまな問題を取り上げ、自己責任の問題と社会構造の問題とを見極め、自らの考えを表明できるようになることを目指します。若者支援論日本や海外のまちづくりの目的と意義、グローバリゼーションと都市の関係性、地域再生の取り組みなどの実態理解から今後の展望を考察します。まちづくりの思想社会的課題の解決に向けた多様な事業分野、事業スタイルの存在を理解し、一般的なビジネスとの相違点等を明らかにしていきます。ソーシャルイノベーション論食や農林業などさまざまな分野で工夫を凝らし、集落や地域の再生を目指す農山村地域。具体的な事例をもとに、問題の背景と新たな農山村のコミュニティ像を学びます。農山村とコミュニティ地域づくり活動を実践している地方自治体・機関などでの2週間程度の現地実習を通じて、「地域づくり」の考え方や実際の取り組みの内容や課題を学びます。コミュニティスタディ実習世代ごとの問題事例を通じて臨床心理学の基礎的な考え方や方法を学んだ上で、人間の心理的問題を適切に捉え、その成因や特徴や援助について説明できることを目指します。臨床心理学誕生から成人に至る発達の過程を理解し、乳児期・幼児期・児童期・思春期・青年期・初期成人期それぞれの発達期特異性と発達課題について、主要な理論を取り上げながら学んでいきます。発達心理学人間の「こころ」の働きの生物学的基礎である脳の構造や機能について、基礎的な知識を修得します。脳の構造や信号、脳と知覚・記憶、心の病気と脳の関係などに関して説明ができることを目指します。精神生理学臨床心理学科子どもの心理臨床に通じる医学的な理解を明らかにして、それぞれの診断名をつけられる子どもの心の状態の自然経過と治療について理解を深めます。児童精神医学子どもの発達のプロセスや学習に関する心理学の理論的ならびに実践的な観点から教育心理学の基本的概念、研究方法を理解し、教育の諸問題の解決を考察します。教育心理学心理療法の基本的な知識、心理療法を行う上で必要な治療者の姿勢について学びます。クライエントとの関係の結び方、傾聴と共感などについて理解を深め、さまざまな心理療法の実際についても学びます。心理療法心理学の代表的な研究方法である「実験法」を実習を通じて学びます。実施からデータ収集、結果分析、考察までを行います。心理学基礎実験発達検査、性格検査などの代表的な検査を取り上げ、実習を通じて検査の実施方法や結果の解釈方法を学んでいきます。心理検査法指定された臨床心理関連の現場でのフィールド実習、臨床心理やメンタルヘルスの専門機関の見学、臨床心理援助者のトレーニングを行っている専門機関での研修を行います。臨床心理実習現代福祉学部 FACULTY OF SOCIAL POLICY AND ADMINISTRATION

元のページ 

page 91

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です