法政大学 大学・入試案内2017
85/248

主な専門科目市場経済では環境問題への対処がなぜ難しかったのか、問題解決にはどのような制度的枠組みが必要なのかを学び、さらに具体的手法である環境税などを理解するために必要な基礎的事項を学習します。環境経済論人間は自然とどのような関係を築いてきたかを、日本の近世社会、特に農村・漁村・山村の地域を事例としながら、開発と自然破壊、資源管理と利用、動物の保護と駆除、公害などの事例から考えます。日本環境史論Ⅰ・Ⅱ大気汚染、水質汚濁、廃棄物、騒音、悪臭など、比較的地域的な問題について、それがどのようにして発生し、どのような技術で解決が図れ、そのためにどのような制度があるかについて学習します。環境科学カリキュラム1年次2年次3年次4年次教養科目専門科目演習(ゼミ)4年間の流れ基幹科目政策科目専門教育科目展開科目リテラシー科目フレッシュマン科目スキルアップ科目環境総合科目自由科目〈アクティブ語学〉 英語Ⅰ(初級会話) 英語Ⅱ(中級会話) 英語Ⅲ(上級会話) 英語Ⅳ(ビジネス会話) 〈テーマ別英語〉 テーマ別英語〈情報処理〉 情報処理基礎 ネットワークとマルチメディア 統計とデータ分析  環境法 日本公害史と法 労働環境法 国際環境法 比較環境法 アメリカ環境法自治体環境政策論 地球環境政治論 地域協力・統合 エネルギー政策論 人間の安全保障ミクロ経済学 マクロ経済学 現代企業論 ビジネスヒストリー 経営学入門 環境経営と会計環境経営実践論 途上国経済論 国際経済協力論 地域形成論憲法の基礎 アメリカ法の基礎 国際法 市民社会と政治 行政学 地方自治論 平和学公共経済学 簿記入門Ⅰ・Ⅱ社会統計論 フィールド調査論 ファシリテーション論環境哲学基礎論 環境人類学Ⅱ~Ⅲ地域経済論 地域福祉論 地域コモンズ論 都市環境論 都市デザイン論 環境社会論 労働環境論 NGO活動論 災害政策論 科学技術社会論 社会開発論 グローバルコミュニティ 開発教育 アーティストと社会貢献 国際社会学人間環境学への招待 基礎演習刑法の基礎 行政法の基礎 民事法 国際関係論環境経済論 環境経営論 CSR論 環境ビジネス論 国際環境政策 現代社会論 NPO・ボランティア論 グローカル・コミュニケーション フィールド調査論環境倫理学 生命の現在と倫理 西欧近代批判の思想 仏教思想 日本美術史論 西洋美術史論 日本詩歌の伝統環境人類学Ⅰ 日本環境史論Ⅰ ヨーロッパ環境史論Ⅰ 環境表象論Ⅰ 比較演劇論Ⅰ日本環境史論Ⅱ ヨーロッパ環境史論Ⅱ 環境表象論Ⅱ 比較演劇論Ⅱ※詳しくはP.141~をご覧ください各授業についての詳細はこちらhttps://syllabus.hosei.ac.jp※カリキュラム表および科目名は、変更になる場合があります。人間環境セミナー フィールドスタディ人間環境特論 研究会(ゼミナール) インターンシップ研究会修了論文、コース修了論文他学部公開科目ESOP ERPエネルギー論Ⅱ サイエンスカフェ 自然環境論Ⅰ~Ⅲ 自然災害論 地球科学史 気候変動論 環境健康論 エネルギー論Ⅰ 環境モデル論環境科学 自然環境論Ⅳ 自然環境政策論 衛生・公衆衛生学 大気と社会スポーツビジネス論公害防止管理論 廃棄物・リサイクル論 キャリア入門食と農の環境学 環境教育論 グローバルスタディーズ、ローカルスタディーズ政策科目基幹科目政策科目基幹科目政策科目法律・政治関連経済・経営関連社会・地域関連基幹科目政策科目人文科学関連基幹科目政策科目自然科学関連人間環境学部 FACULTY OF HUMANITY AND ENVIRONMENT専任教員 ①専攻 ②ゼミナールまたは研究テーマ朝比奈 茂 准教授石神 隆 教授板橋 美也 准教授岡松 暁子 教授梶 裕史 教授金藤 正直 准教授北川 徹哉 教授國則 守生 教授小島 聡 教授後藤 彌彦 教授杉戸 信彦 准教授E・ストックウェル 准教授関口 和男 教授高田 雅之 教授髙橋 五月 准教授武貞 稔彦 教授竹本 研史 准教授田中 勉 教授谷本 勉 教授辻 英史 准教授永野 秀雄 教授長峰 登記夫 教授西城戸 誠 教授根崎 光男 教授長谷川 直哉 教授日原 傳 教授平野井 ちえ子 教授藤倉 良 教授松本 倫明 教授宮川 路子 教授渡邊 誠 教授①補完代替医療学、ホリスティック医学②東洋医学的観点からの健康観について①地域形成論、地域経済論、都市環境論②サステイナブルなまちづくり①日英文化交流史、デザイン史、美術史②美術・デザインと異文化交流の歴史①国際法、国際環境法、国際原子力法、海洋法②国際平和の追求①日本古代文学・民俗学、環境文化②「文化的景観」とエコツーリズム①環境経営論、地域経営論、サステイナビリティ会計②地域の持続的成長のためのビジネスモデルの構築①環境流体力学、気象リスク②エネルギーと社会①環境経済論、国際環境政策②地球環境問題:サステイナビリティからのアプローチ①行政学、地方自治論②持続可能な地域社会の創造と公共政策①行政法、環境法②環境法政策に関する研究①自然地理、自然災害②自然環境と災害①マスメディア学、異文化コミュニケーション学②ヒューマン・コミュニケーション、マスメディア研究①宗教現象学、環境哲学②H・アレント『人間の条件』を読む①自然環境政策、生態学②人と自然との共生、生物多様性の保全①文化人類学(環境、海洋、震災)②「海」と「人間」の文化①開発学、国際協力、途上国社会経済、開発と倫理②持続可能な国際社会を求めてー途上国の人々と先進国の私たちー①社会哲学・思想史(20世紀フランスが中心)、フランス語圏文学②個人の特異性と対他関係に関する思想的系譜①産業社会学②ローカルな環境問題への社会学的アプローチ①科学史、地球科学史②物と心:科学信仰の源流を訪ねて①西洋史(近現代ドイツ史)②「市民社会」を生きるー歴史・環境・文化ー①日米比較法、環境法、先端科学技術法、労働法②日米環境監査法務①労働環境論、労使関係論②職業生活を通して労働環境を考える①環境社会学、社会運動論、地域社会学②農・水・エネルギーと〈人〉のかかわりを巡る環境社会学①日本環境史、日本近世史、日本美術史②「人間」と「環境」の関係史を考える①CSR経営論、環境経営論②サステイナブル企業の探究①中国哲学、中国文学、日本漢文学②中国語文献講読①英米演劇、比較演劇②舞台芸術を中心に地域の文化を考える①環境システム科学、国際環境協力②環境本を読む①理論天文学②地球温暖化とその周辺①公衆衛生学②現代社会を健康に生きていくために①計算科学、物性論②科学技術政策へ向けて多角的に考える

元のページ 

page 85

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です