法政大学 大学・入試案内2017
77/248

国際文化学部長栩木 玲子国や文化の壁を乗り越え、世界で敬愛される「国際社会人」へ 人は誰でも異なる文化を背負っているもの。どうすれば異文化を理解し、共感できるのか。国際文化学部では、異なる文化間の懸け橋となるようなコミュニケーションについて深く学びます。そのために必要なのは、異文化だけでなく自己の文化も客観視できる柔軟さや理解力、双方向コミュニケーションを実現する語学力、ICTを駆使してさまざまな文化情報を受け取り発信する力。こうした能力を、海外留学「スタディ・アブロード(SA)プログラム」を軸にした学びで身に付けます。その先にあるのが、国や文化の壁を乗り越えて活躍できる人材、本学部が目指す「国際社会人」です。ヤフー㈱、東日本旅客鉄道㈱(JR東日本)、㈱アシックス、三菱重工業㈱、全日本空輸㈱、日本航空㈱、㈱三菱東京UFJ銀行、JTBグループ、明治安田生命保険(相)、成田国際空港㈱、東日本電信電話㈱(NTT東日本)、㈱三井住友銀行、トヨタ自動車㈱、ANAエアポートサービス㈱、KDDI㈱、㈱みずほ銀行、損害保険ジャパン日本興亜㈱、パナソニック㈱、サントリーホールディングス㈱、㈱エイチ・アイ・エス、カシオ計算機㈱、清水建設㈱、㈱読売新聞社、日本生命保険(相)、ソフトバンク㈱、オリックス㈱、YKK㈱、㈱JALスカイ、㈱日本旅行、国税庁、東京外国語大学大学院、名古屋大学大学院、法政大学大学院 ほか卒業後の進路 (2016年3月卒業生) 教育 2.5%情報・通信 8.5%医療・福祉 0.5%公務 2.0%サービス 20.9%その他業種 1.0%大学院等進学 1.5%建設 1.5%製造 15.9%卸・小売 16.4%金融・保険 14.9%運輸・不動産・公益 9.5%マスコミ 5.0%http://www.hosei.ac.jp/kokusai/学部についての詳細はこちら原則として学部生全員が2年次にSAプログラムに参加します。留学先は、短期がアメリカ、長期は世界10カ国7言語圏16大学と多彩。創設以来17年間で培ったノウハウにより、入学から1年半での諸言語修得をしっかりサポートし、留学できる力を身に付けます。SA期間中の2年次秋学期の学費は徴収されないので、経済的負担が少ないことも特長です(→詳細はP.80をご覧ください)。異文化を体感・理解、自己成長を支える海外留学(SA)留学プログラムではSNS形式の「e-Portfolio」を導入し、先輩から後輩へ現地の様子がじかに伝わります。留学前にすべきことや注意点を知ることができ、充実した留学生活を送るための予習に役立っています。海外留学の準備に「e-Portfolio」を活用高校から大学への学びの転換を支援するため、橋渡しとなる入門科目「チュートリアル」を1年次に設置。文献の検索方法やレポートの書き方などを少人数クラスで、教員が学生一人一人としっかり向き合い丁寧に指導。その他、4年間にわたって、学生がやりたいことを実現できるよう教員・スタッフが親身にサポートします。学生の意欲に応える親身なサポート学部の特色INFO○中学校教諭一種 英語 中国語○高等学校教諭一種 英語 中国語 情報○図書館司書○学校図書館司書教諭○博物館学芸員取得できる資格※P.160~の資格紹介と併せてご覧ください。

元のページ 

page 77

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です