法政大学 大学・入試案内2017
67/248

■コース専門科目主な専門科目■プログラム専門科目英米演劇の脚本の一部を読んで、課題について自分の意見や創作を英語で表現する力を身に付け、英語によるコミュニケーション能力を磨きます。English DramaAdvanced English Program聴解力と口語表現力の向上を目指します。教科書の会話文およびドリルを通じてリスニングのトレーニングを行い、会話文の表現を生かした「聴く」「話す」の練習が中心となります。中国語中級6諸外国語中級プログラムさまざまな社会現象を観察し、それをどのようにモデル化し、数値シミュレーションを行えばよいのか、実習を通してその知識と提案力を身に付けます。ソーシャル・シミュレーション情報デザインプログラム景観保存問題を事例として実際にインタビューや定点観測調査を行い、そこで得たデータを分析し、社会調査の方法を修得します。最終的に、分析結果を論文・報告書にまとめます。社会調査実習社会調査プログラム社会学の歴史や古典、その時代背景を学ぶことで、「社会学的思考」の基礎を身に付けます。過去の社会学の理解を通して、現代社会の問題に対する考察力の獲得を目指します。社会学史社会学総合プログラム行政活動の基盤となっている法概念および制度構造を理解し、行政活動の類型およびそれらの特色に焦点を当て、行政活動の在り方について考えます。行政法公務員プログラム日本の金融政策・金融制度および国際金融の仕組みに関する実際的な知識を身に付け、現在生じている日本や世界の金融問題について理解できるようにします。金融システム論政策リテラシープログラムデジタル技術を使って映像表現作品を制作し、大学内外のコンテストへ出品。映像制作を通して送り手の立場を体感し、映像メディアリテラシーの向上を目指します。映像制作実習メディア制作プログラム人が仕事をすることは本人にとって、また社会にとってどのような意味を持つのか。労働組合や外国人労働者の現状なども含めてその実態と政策を社会学的に考察します。産業社会学多国籍企業の理論や役割、現状を理解し、日本企業の海外展開についてグローバルな視点で問題解決策を考えていきます。国際経営論企業と社会コース(社会政策科学科)変化し続ける都市社会で暮らすこと、そこにコミュニティを守り育てることは、どのようにすればできるのか。都市社会学の最新の研究成果を踏まえながら、市民目線で考察していきます。地域社会学注目されている地方自治の構造的改革について、仕組みや問題点を理解し、現代的意義を考えていきます。また、これからの住民主体の地域ガバナンスの方向についても考察します。地方自治論コミュニティ・デザインコース(社会政策科学科/社会学科)人間と社会に関わる多様な心理現象を、<人間的なもの>と<社会的なもの>のせめぎ合いの視点に立ち、理論と具体例を一つ一つ紹介しながら考察します。社会心理学スポーツの歴史を学び、現代社会における文化としてのスポーツ活動の意義や機能を考え、理解していきます。スポーツ社会学人間・社会コース(社会学科)国際社会や国境をまたがる事象を社会学的手法で考えていきます。東アジアにおけるグローバル化の現実やトランスナショナルな社会空間の生成プロセスを検証します。国際社会学開発途上国の問題点がジェンダーという視点を加えることによってどう見えてくるのか、具体例を通じて開発政策とジェンダーの問題を検証し、構造的に議論できる力を養います。国際社会研究(開発とジェンダー)国際社会コース(3学科共通)「法」が「情報」をどのように取り扱ってきたのか。「情報法」という領域の歴史と現状を理解し、情報化社会の中で「法」が今後どのように変化するのかを考察していきます。情報・メディア関係法ニュース番組やドキュメンタリーを例に、映像ジャーナリズムの特徴や「やらせ」などの諸問題、背景などを学びます。テレビ報道に関して批評的かつ総合的な見解力を養います。映像ジャーナリズム論メディア社会コース(社会学科/メディア社会学科)広告をPRの一要素と捉え直し、その世論形成・世論操作機能を、政治権力や国民意識の変化と関連づけながら批判的に分析する視点を身に付けます。広告・PR論ウェブを中心とするデジタルメディアの持つ可能性と問題点を、具体的な事例の検討を通じて理解し、デジタルメディアをめぐる諸現象を社会学的に分析するための視座を獲得します。ウェブ・メディア論メディア文化コース(メディア社会学科)現代社会の深刻化する環境問題を取り上げ、その政策の有効性と問題点を環境社会学の理論と視点から考察。身近な環境問題への意識も高めます。環境社会学経済学の基礎知識を学びながら環境と貿易や経済成長との関係性などを考察し、現実の環境問題を踏まえた経済政策に関する主体的判断力を養います。環境経済学環境政策コース(社会政策科学科)社会学部 FACULTY OF SOCIAL SCIENCES

元のページ 

page 67

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です