法政大学 大学・入試案内2017
59/248

1年次2年次3年次4年次教養科目専門科目演習(ゼミ)4年間の流れ国際経済学科科目共通科目専門教育科目自由科目必修科目選択必修科目選択科目経済学科科目企業金融論A・B 財務諸表論A・B 管理会計A・B Business Communication Ⅱ A・B経済データ分析A・B 企業と経済・応用A・B 簿記Ⅱ A・B 会計学入門A・B 原価計算A・B 日本経済論A・B 現代ファイナンス入門A・B Business Communication Ⅰ A・Bリスク・マネジメントA・B 企業経営史A・B 企業経営論A・B 監査論A・B 国際会計制度A・B 金融ビジネス論A・B 比較経済システム論A・B 産業組織論A・B 国際投資論A・B 情報経済論A・B 労働経済論A・B 企業経済論A・B 商法二部A・B 経済法A・B 経営学A・B 特別講義Ⅰ国際経済論A・B 開発経済入門A・B Principles of Economics A・B アメリカ経済論A・B ヨーロッパ経済論A・B 現代アジア経済論A・B 中国経済論A・B 国際貿易論A・B 国際金融論A・B 開発経済論A・B International Economics A・B Area Studies A・B 国際関係論A・B 地域経済論A・B民法二部A・B 労働法A・B 特別講義Ⅱ <他学部公開科目>Japan and the Global Economy A・B データで知る世界経済 A・B Practical Economics A・B短期語学研修 グローバル・オープン科目(他学部科目)日本国憲法A・B 民法一部A・B 国際ボランティア 国際インターンシップ企業と経済・基礎A・B入門ゼミA・B簿記Ⅰ A・B コンピューター入門A・B 企業経営入門A・B ビジネス数学入門A・B社会経済学基礎A・B 経済史A・B 統計学A・B※詳しくはP.141~をご覧ください各授業についての詳細はこちらhttps://syllabus.hosei.ac.jp※カリキュラム表および科目名は、変更になる場合があります。金融論A・B 財政学A・B 産業集積論 経済地理 商法一部A・B ビジネスプログラミング入門A・B コーポレートガバナンス論A・B 国際ビジネス論A・B 企業実務研究A・B 計量経済学A・B スタディアブロード(専門)Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ Business Research Seminar A・B演習ミクロ経済学A・B マクロ経済学A・B 社会経済学応用A・B 社会経済思想史A・B 経済人類学A・B 環境経済論A・BAcademic Research Seminar A・B 外国語セミナーA・B[独・仏・中] データ解析入門A・B Demography A・B演習経済学史A・B 経済の数理A・B 数理統計学A・B 日本経済史A・B 世界経済史A・B 国際政治論 政治過程論 世界の文化と思想A・B 日本思想史 日本文化史 日本文化論 芸術と社会 環境政策論A・B 環境科学A・B 地球環境論A・B 公共経済論A・B 農業経済論A・B 経済政策論A・B 地方財政論A・B 社会政策論A・B 社会保障論A・B 金融各論Ⅰ A・B 経済統計論A・B 現代社会と情報A・B コンピューター科学A・B 景気循環論 スポーツ経済論演習主な専門科目ミクロ経済学とマクロ経済学の基本理論を学び、現在の経済問題を捉えていきます。経済のニュースに対する関心を高め、専門的視点を養います。現代経済学基礎 A・B「少子高齢化と日本経済」を主題に、マクロ経済学や公共経済学といった視点を盛り込みつつ、日本経済の抱える問題、解決への手段を考察するための基本知識を身に付けます。日本経済論 A・B日本の政府の財政状態をいろいろな統計データと比較しながら理解します。さらに、税や年金などの身近な問題にどう向き合うべきなのかを学びます。財政学 A・B経済学科国際経済学科の入門講義として、世界経済の現状を最新のデータから把握します。世界銀行・IMF等の国際機関の英字サイトからデータをダウンロードし、グラフを作成して国際比較をします。データで知る世界経済 A・B春学期は、国際ビジネスで使用される法、貨幣、言語の基本的な考え方を論じます。特に法や貨幣に関する考え方の違いが、英米型と大陸欧州型の企業経営に大きな影響を及ぼしていることを学びます。また秋学期では、情報通信技術(ICT)の発達と普及が市場と会社の関係、企業経営、会社と個人の関係、労働者の働き方などを大きく変えつつあることを学びます。国際ビジネス論 A・B発展途上国の経済開発をめぐる諸問題を分析するための思考の枠組みを理解し、各年代のアプローチと概念を学びながら新しい潮流や今後を展望します。開発経済論 A・B国際経済学科企業会計の基礎である複式簿記の基本原理を理解し、企業の日々の取引を整理・記録して財務諸表を作成するまでの一連の流れを演習します。簿記Ⅰ A・Bファイナンスに関する基本的な考え方を「リターン」と「リスク」を軸に学んでいきます。会社について理解し、株式の理論価格の計算を修得します。現代ファイナンス入門 A・B最新の企業買収などの事例をもとに経営戦略、経営管理、経営組織などを理論的・実証的に解明。株式会社の本質や企業の社会的責任が問われる背景などを学びます。企業経営入門 A・B現代ビジネス学科現代ビジネス学科基礎教育科目経済学部 FACULTY OF ECONOMICS

元のページ 

page 59

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です