法政大学 大学・入試案内2017
35/248

専任教員 ①専攻 ②ゼミナールまたは研究テーマ伊藤 マモル  教授犬塚 元  教授衛藤 幹子  教授木村 正俊  教授KRAVTSEVICH ANDREY  教授杉崎 和久  教授杉田 敦  教授鈴木 良則  教授塚本 元  教授中野 勝郎  教授名和田 是彦  教授廣瀬 克哉  教授細井 保  教授水野 和夫  教授宮﨑 伸光  教授山口 二郎  教授山本 卓  教授①スポーツ医学・コンディショニング②疲労解消や健康増進のためのコンディショニングに関する研究①政治学史・政治思想史②初期近代ヨーロッパの政治思想①ジェンダー政治学②ジェンダーから読み解く政治と社会①国際政治学、現代中東政治②中東における脱植民地化、中東における国家形成と国際政治システムの 形成・変容①日本経済・日露関係論 ②日本、ロシアにおける経済政策、日露関係史、現状と問題点①都市計画、市民参加手法②公共的意思決定における市民参加のあり方、住民全体のまちづくりを支 える支援システム、まちづくりの現代史①政治理論②権力論・デモクラシー論①体育方法学②体操競技の技術分析とその基礎研究①中国近代政治外交史・現代台湾政治②20世紀前半の中国政治のあり方を明らかにする。台湾における選挙①アメリカ政治史・政治思想史②アメリカ建国期の政治思想、20世紀初頭の革新主義①公共哲学・コミュニティ論②現代の公共世界のあり方の基礎原理的思想史的考察およびフィールド 調査による実践的検証①行政学・公共政策学②分権改革と自治体制度・政策、地方・国民国家・国際の三層の政府間関係①政治体制論・政治構造論②政治を制度と理念の両面から考察①現代日本経済論、グローバル経済論②グローバリゼーション下における資本主義の課題と展望①自治行政論・地域政治論②行政学・自治行政制度・消防行政・自治体議会・自治体政策①政治過程論②現代民主主義において政治という作業がどのように進められるかを説明 し、民主政治が直面するさまざまな課題について考える①政治社会学②英国福祉国家史、社会政策思想史、現代社会保障・福祉論政治学科浅見 靖仁  教授権 鎬淵  教授坂根 徹  教授下斗米 伸夫  教授萩谷 順  教授菱田 雅晴  教授福田 円 准教授森 聡  教授弓削 昭子  教授余田 剛 准教授①比較政治学②東南アジア諸国の政治経済・比較民主主義論・中進国の社会政策①平和軍事学②日本の防衛政策、日本の対外政策、東北アジアの安全保障問題①国際公共政策②国際公共政策・国連システムの行財政・国際行政・調達行政①ロシア・CIS政治・比較政治・旧ソ連政治史、冷戦②ペレストロイカ以降の旧ソ連・ロシア政治の改革、冷戦後の国際政治の変 化。冷戦史、ソ連史、日ソ関係史、ロシア政治文化論(特に古儀式派)①現代ドイツ政治史・マスコミ論②ドイツと日本の政治・社会システムの比較研究。マスコミと世論形成①政治社会学②現代中国論、国家・社会論、政治社会発展論:移行期中国からのインプリ ケーション①東アジア国際政治、現代中国・台湾論②台湾問題をめぐる中国の政治外交史、現代の中台関係と東アジア国際政治①国際政治学、戦略論、現代アメリカの外交・安全保障②国際システムにおけるパワーシフトをめぐる諸理論、現代アメリカの東ア ジア戦略、冷戦期アメリカの外交史・戦略史、現代国家の戦略など①国際機構論・国際平和と開発②国連システムにおける平和構築と開発活動①アメリカ文学②散文を中心とした現代ポストモダニズム文学の研究国際政治学科荒谷 裕子  教授石川 壮一  教授岩田 和子  准教授岩坪 友子  教授内田 俊一  教授大澤 彩  教授大野 達司  教授近江屋 志穂  教授小山田 朋子  教授神谷 髙保  教授川口 由彦  教授川村 洋子  教授岸井 大太郎  教授倉部 真由美  教授計良 隆世  教授佐藤 輝幸 准教授須藤 純正  教授髙橋 滋  教授高 友希子  教授武生 昌士  教授建石 真公子  教授田中 佐代子 准教授田中 利幸  教授月井 雄二  教授橡川 泰史  教授西田 幸介  教授沼田 雅之  教授浜村 彰  教授藤本 茂  教授宮本 健蔵  教授向井 知大  教授森田 章夫  教授和田 幹彦  教授①商法・金融商品取引法②金融商品取引法上の諸問題の研究。株式会社の機関に関する研究①物理学 ②少数核子系の構造と反応①中国通俗文芸②中国民間伝説・古典文芸作品の受容と流布に関する研究①英文学②20世紀の英詩。アイルランド文芸復興以降の詩と演劇①ドイツ文学、ユダヤ研究②ドイツの近代文化へのユダヤ系知識人の関わりとそのことの持つ意味①民法・消費者法②民法と特別法の関係から見る、現代における民法の役割。フランス契約 法・消費法研究、医事法研究①法哲学②ドイツを中心とした自治の法思想史、主権論と市民社会論、法の妥当性①フランス語教育、フランス文学②フランスの入試制度と国語教育①英米法②医療におけるインフォームド・コンセントおよび利益相反の日米比較①商事法・会社法・保険法・海商法・信託法・法と経済学②取締役の責任・内部統制など。利得禁止原則・新保険法・共同海損など。 信認法・医療と法など。商事法制史。法学(大学・古典)教育。効率性と衡 平性①日本法制史 ②土地法・地方制度を起点とした、近代日本法秩序の研究調停システムの 比較法史的研究①民法②契約損害賠償制度を軸とする日本民法の約束保障制度の比較法研究①経済法②独占禁止法・公益企業法。電気通信などの公益企業分野における規制の 研究①民事訴訟法・倒産法②民事再生手続や会社更生手続のような再建型倒産手続における担保権 の処遇①東洋哲学(仏教学)②インド仏教における認識論・論理学と後期中観思想の研究①刑法②危険犯論、社会的法益に対する罪①刑事法、経済刑法②民商事と交錯する刑法犯、犯罪収益の剥奪と犯罪被害の回復、事前規制 型から事後チェック型社会への移行と罰則対応①行政法、環境法②行政法総論・行政救済法一般、科学技術安全法①西洋法制史②エクイティによるコモン・ロー・システム拡充プロセスに関する研究。英国 法の日本民法典への影響①知的財産法②特許法における先使用(権)の意義。知的財産法と経済法(競争法)の関係①憲法②憲法と条約の関係。フランス憲法とヨーロッパ人権条約①国際法②国際法上の緊急避難、自衛権①刑事法②国際法の国内法化と国内法の国際法化、法人犯罪・経済犯罪の規制のあ り方、行政刑事立法・解釈のあり方①生物学(遺伝学・生物情報学)②原生生物における種概念の研究。生物多様性情報の広域データベース化①商法②決済取引の法的問題①行政法②行政計画。私人間の協定。土地法。アメリカ土地利用法①社会法(労働法・社会保障法)②有期労働契約、労働者派遣、非正規労働者の社会保険加入など、非正規 労働者の労働法・社会保障法上の課題研究①労働法②企業内労働者代表制、労働契約法、労働者派遣法の研究①労働法②個別的労働関係法、雇用平等法①民法②付随義務論、安全配慮義務、事務処理者のリスク責任論の比較法的考察①有機材料化学②物性と結晶構造に及ぼす分子間相互作用の効果①国際法②国際コントロール、国際海洋法、国家管轄権の域外適用①民法②家族法解釈学・立法史、法と生命倫理、法と遺伝学(遺伝学の発展が新た に生む法的問題の究明)、法と進化生物学・進化心理学法律学科法学部 FACULTY OF LAW

元のページ 

page 35

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です