法政大学 大学・入試案内2017
27/248

教育「自由と進歩」に挑む。公開科目アクティブラーニング教育 アクティブラーニングActive Learning学生が自ら答えを探す「能動的学習」で、問題解決力を養います法政大学では、教員が一方的に知識を教える“講義型”ではなく、学生が主体的に考えて行動する“参加型”の「アクティブ・ラーニング」を積極的に推進し、各学部・学科で多彩な科目を設けています。実践的で多様な学びは、学生の能動的な学習意欲を引き出し、さらなる成長へと導きます。※科目は一例です。各学部・学科のカリキュラム表と併せてご参照ください。さまざまな課題に関する問題解決の道筋を、与えられた時間の中で洞察し、学生同士で討論し合いながら解決するための手段やアイデアを見いだします。問題解決という目標に向かって意欲的に取り組むことで、座学では得られない実践的な思考力を身に付けます。プロジェクト系科目1年次から教員や先輩と一緒に最先端の研究分野に触れることができる情報科学部独自の科目です。さまざまなテーマの中から、興味のある研究プロジェクトを自分で選定し、どのように問題解決を図るかを決めます。【情報科学部】プロジェクト● 飛行ロボットのプログラミング● 仮想ミニインターネットの構築● 3次元画像処理アルゴリズムの開発実施テーマ例与えられた課題に対し、解法や答えを学ぶのではなく、問題解決の道筋を自分自身で主体的に考える実践・参加型の学習法。少人数のグループ制で実施し、仲間と討論し合いながら、合理的な問題解決方法を見いだします。【理工学部】PBL(Project-based learning)主な科目現場体験型のフィールドワーク系科目は、国内外の現場に赴き、実体験や調査を通じて深く物事を考察・分析するカリキュラム。企業や地域など、さまざまなフィールドの現状を直視することによって、問題意識と探究心を高めると同時に、調査・分析能力を身に付けます。フィールドワーク系科目教員と学生がフィールドに出て、寝食を共にし、地域調査とディスカッションを通して地域の実態への認識を深めます。現場を自らの目で観察・調査することで多くの知見を得ることができます。【文学部 地理学科】現地研究自然保護、まちづくり、農業、地域福祉、文化、国際協力などの多彩なテーマを対象とし、地域社会や国際社会を肌で感じ、さまざまな実体験を通して自らの問題意識を高めます。【人間環境学部】フィールドスタディ講義で学んだ理論や技術、方法を深く定着させ、その生かし方を身に付けるために、社会の現場に即したより実践的な知識とスキルの修得を目指します。ある物事や現象が起こる原因・背景を実践を通して捉えることで、専攻分野の理解を一層深めることができます。実習系科目実際の広告のステップに沿った制作実習を行い、広告メディアのリテラシーを学びます。グループで広告キャッチフレーズ作成や30秒のCM制作に取り組みます。【社会学部】広告制作実習臨床心理関連の現場や専門機関での「フィールド実習」「現場見学」「臨床心理研修」という3つの体験学習を通じて、臨床心理に関する知識を深め、実践感覚を磨きます。【現代福祉学部 臨床心理学科】臨床心理実習主な科目インタビューや行動観察から収集する「定性調査」と、統計ソフトを用いた質問票調査である「定量調査」を行い、消費者のニーズを捉えた新商品の企画書を作成します。【経営学部】マーケティング・リサーチ高校生や後輩たちのキャリア形成を実際にサポートする体験型授業。他者についての理解を深めるとともに、自己理解を促し、キャリアデザインの基本となる考え方や方法を修得。【キャリアデザイン学部】キャリアサポート実習在学中に企業や官公庁、その他団体で一定期間の就業体験を行うことで、社会人基礎力のほか、自分の専攻分野の実社会における意味やつながりを体感します。その分野の仕事に対する理解を深めるとともに、自分自身のキャリア形成に生かすことができます。インターンシップ国際NGOなどで1週間程度の実習を体験。その後、プレゼンテーションとレポート発表を行い、各政策分野への理解を深めます。【法学部 国際政治学科】Global Internship植物医科学に関連した農林水産省、環境省の技術部門や、全国各地の企業・団体、研究所、農業試験場などへ赴き、現場で必要な技術や知識、機能を集中的に学びます。【生命科学部 応用植物科学科】植物医科学インターンシップ主な科目夏休み期間中に企業で就業体験(サマーインターンシップ)を行い、現実のビジネス事情や仕事の意義を学びます。【経済学部】企業実務研究● 【機械工学科】車で牽引して飛行機を飛ばす検証● 【電気電子工学科】簡単な素子を用いた知的な振る舞いをするロボット作製● 【応用情報工学科】Android スマートフォン用アプリケーション開発実施テーマ例● 石垣島・八重山諸島の地形と自然環境(沖縄)● 宗教集落の歴史・観光地理(奈良)● 台湾の経済と社会(台湾)過去の主なテーマと実施場所● 優れた自然の利用と保護のバランスを考える(北海道)● 飯田のまちづくり、地域の伝統芸能と社会(長野県)● 内戦の遺産と現代カンボジア社会(カンボジア)過去の主なテーマと実施場所主な科目※キャリアセンター主催の インターンシップについては、 P.155をご参照ください。

元のページ 

page 27

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です